JAEPO2015:アーケード版「モンスト」はレバーでショット!

1 / 4

 ミクシィの人気スマートフォンゲーム「モンスターストライク」(モンスト)のアーケード版「MULTI BURST」が、13日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開幕した最新アーケードゲームの展示会「ジャパン アミューズメント エキスポ2015(JAEPO2015)」のコナミブースでお披露目された。スマホ版はタッチパネルでパチンコの玉のように弾く操作が特徴だが、アーケード版はレバーを使って“ショット”できる。

 「モンスト」は、手に入れたモンスターをパチンコの玉のように弾いて、画面にいる敵にぶつけて倒すという基本料無料でアイテム課金制のゲーム。アプリが2000万ダウンロードを突破するなど人気を集めている。人気のスマホゲームでは「パズル&ドラゴンズ」もアーケード版が話題になっている。

 アーケード版「MULTI BURST」は、店舗内のプレーヤー同士がチームを組んで対戦できる「タッグバトル」モードが用意されているほか、オリジナルキャラクターが登場。画面をタッチして操作できるだけでなく、レバーを使ってプレーできる。また、スマホ版との連動も予定している。

 JAEPOは、日本アミュ−ズメントマシン協会(JAMMA)と全日本アミューズメント施設営業者協会連合会(AOU)などが主催。カプコンやセガ、コナミなど約30社が出展し、最新のアーケードゲーム機やクレーンゲームの景品、関連製品などが展示されている。13日は関係者向けのビジネスデーで、14日は一般公開日となる。入場料は1000円、小学生以下と60歳以上は無料。

写真を見る全 4 枚

ゲーム 最新記事