MANTANWEB(まんたんウェブ)

MD松尾のヒット解析:SAOが年度末の大作ラッシュ制す 「ブラッドボーン」は品薄

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 大作ラッシュの年度末でしたが「ソードアート・オンライン ロスト・ソング」(Vita・PS3、バンダイナムコゲームス)のVita版が予想通りトップを獲得しました。限定版を合わせてのトップですが、前作とほぼ同等の売れ行き。そこに新しくPS3版が加わったことでトータルの売れ行きは約1.5倍まで伸びています。アニメも終了している中でのこの好成績はコンテンツの力もさることながらゲームとしての評価が高いからだといえるでしょう。

 2位の「ワンピース海賊無双3」(PS3、バンダイナムコゲームス)に続く3位の「ブラッドボーン」(PS4、SCE)がものすごく売れています。初回版はほぼ完売の状況で通常版も品薄。予想をはるかに上回る売れ行きですね。「ダークソウル」などを手がけたフロム・ソフトウェアの開発ということもあり、待っていたユーザーも多かったようです。PS4のエントリータイトルに海外ゲームを選んだユーザーの“2本目”としても選ばれているのではないでしょうか。

 ◇今週の動き

 「第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇」(PS3・Vita、バンダイナムコエンターテインメント)がPS3版、Vita版の順でワンツーを飾りそう。シリーズの完結作にあたり、待っていたファンも多いのでは。3位と予想しているのは初のNew3DSタイトルとなる「ゼノブレイド」(3DS)。Wiiの名作RPGが携帯機で遊べるということで人気が出そう。そのまま続編の「ゼノブレイドクロス」(WiiU、任天堂)にもつなげたいところです。

 ◇ランキングは次の通り。(23~31日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 ソードアート・オンライン ロスト・ソング(Vita)

2位 ワンピース海賊無双3(PS3)

3位 ブラッドボーン(PS4)

4位 ソードアート・オンライン ロスト・ソング(PS3)

5位 ワンピース海賊無双3(Vita)

6位 シアトリズム ドラゴンクエスト

7位 プロ野球スピリッツ2015(PS3)

8位 ワンピース海賊無双3(PS4)

9位 プロ野球スピリッツ2015(Vita)

10位 バイオハザード リベレーションズ2(PS3)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る