MANTANWEB(まんたんウェブ)

MD松尾のヒット解析:春休み明けで低調 「ダークソウル2」は品切れ

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 春休みが終わり、新学期、新生活がスタートし、一年のうちで最もゲームが売れない時期ということもあって、全体的に厳しい結果でした。特に比較的学生層のユーザーが多い3DSタイトルが厳しかったですね。とはいえ、消費税増税直後の昨年同時期よりはいいですし、新作の「ダークソウル2 SCHOLAR OF THE FIRST SIN」(フロム・ソフトウェア)は品切れするほどの人気でした。

 ◇今週の動き

 トップは「ガールズモード3 キラキラコーデ」(3DS、任天堂)でしょう。女の子向けの定番人気シリーズで、いつもロングセラーになってくれるのもうれしいところ。女の子だけでなく20代の女性層の支持も集めており、予約も好調なので期待しています。2位にはZ指定タイトルの「ダイイングライト」(PS4・XboxOne、ワーナー エンターテイメント ジャパン)のPS4版が入るとみています。

 ◇ランキングは次の通り。(6~12日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇(PS3)

2位 ワンピース海賊無双3(PS3)

3位 第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇(Vita)

4位 マインクラフト(Vita)

5位 ソードアート・オンライン ロスト・ソング(Vita)

6位 ワンピース海賊無双3(Vita)

7位 ゼノブレイド(New3DS)

8位 ブラッドボーン(PS4)

9位 プロ野球スピリッツ2015(PS3)

10位 ダークソウル2 SCHOLAR OF THE FIRST SIN(PS4)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る