バケモノの子:渋谷ヒカリエで展覧会 歴代細田作品の絵コンテも展示

アニメ 映画
「バケモノの子」展のポスター(C)2006 TK/FP(C)2009 SW F.P.(C)2012 W.C.F.P(C)2015 B.B.F.P

 劇場版アニメ「おおかみこどもの雨と雪」(2012年公開)などで知られる細田守監督の3年ぶりの新作「バケモノの子」(7月11日公開)の展覧会「バケモノの子」展が、7月24日から東京・渋谷ヒカリエで開催されることが23日、明らかになった。

 「バケモノの子」は、人間界とバケモノ界が存在する世界を舞台に、孤独な少年とバケモノの交流を描く作品。バケモノ界の渋天街(じゅうてんがい)で一、二を争う強さを誇るバケモノ・熊徹(くまてつ)の声優を役所広司さん、ヒロイン・楓を広瀬すずさん、熊徹の弟子になる人間の九太(きゅうた)の少年期を宮崎あおいさん、青年期を染谷将太さんが演じる。

 同展では、「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」に至る細田監督作品の絵コンテや背景美術などの展示をはじめ、話題のクリエイター陣とコラボする体感型展示のコーナーも設け、細田監督と多くのスタッフが作り上げた映画の魅力に迫る。また、「バケモノの子」をはじめ、過去作のオリジナルグッズを販売する「スタジオ地図SHOP」の併設も決定している。

 「バケモノの子」展は、7月24日~8月30日に渋谷ヒカリエ9階のヒカリエホール・ホールAで開催。営業時間は午前10時~午後7時。最終入場は午後6時半を予定。前売り券は大人1500円(以下税込み)、高校生以下は700円、3歳以下無料で、25日から発売する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る