AKB48岩田華怜:17歳で小学生役 ランドセル姿「すごく新鮮」

ミュージカル「広い宇宙の中で」の会見に登場したAKB48の岩田華怜さん
1 / 13
ミュージカル「広い宇宙の中で」の会見に登場したAKB48の岩田華怜さん

 アイドルグループ「AKB48」の岩田華怜さんが15日、東京・銀座の博品館劇場でミュージカル「広い宇宙の中で」の会見に出席した。女優の川島なお美さん、俳優の黒田アーサーさんらとともに出席。12歳の小学生・ひかる役を演じる岩田さんは「先日17歳になって、17歳にしてまたランドセルを背負うことになるとは。すごく新鮮だし、懐かしい気持ちになりました」と照れ笑いで語った。

 「広い宇宙の中で」は、創立20周年を迎えた老舗ミュージカル劇団「スイセイ・ミュージカル」のオリジナル作品で、今回が6年ぶりの上演。末娘を生むことと引き換えに命を落とした和子は、夫・正太(黒田さん)と子供たちが心配で、幽霊となってこの世にとどまり、それから12年たった。ある日、正太が突然「再婚する」と言い出し、家族や周囲の人々も巻き込んだ大騒動の幕が開く……というストーリー。岩田さんは四女・ひかる役で、川島さんは正太の恋人・照代を演じる。

 川島さんは「初めて台本を読んで何度も号泣してしまった。こんな大役、私に務まるんだろうかとか本当にプレッシャーでしたけど、私はこの作品、この役と出合うために女優をやって来たのかなと思えるくらい素晴らしい作品。魂を込めて千秋楽まで演じたい」と意欲を語った。岩田さんも「私がひかる役でいいのかなと思うくらい、曲も脚本も本当に素晴らしい作品。一人でも多くの方に見てほしい」とアピールした。

 また、岩田さんへのアドバイスを求められた川島さんは「AKB48は(メンバーが)たくさんいるので、オンリーワンになってほしい。これだけは他のメンバーに負けないというものを持っていれば輝き続けられると思う」と回答した。それを聞いて岩田さんは「ありがとうございます」と感謝し、「私はミュージカルが好きなので、ミュージカルを誰にも負けないようにしたいです!」と力強く語った。

 ミュージカル「広い宇宙の中で」は15~17日の東京公演を皮切りに全国を巡演する予定。

写真を見る全 13 枚

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る