MANTANWEB(まんたんウェブ)

MD松尾のヒット解析:「プリパラ」が大人気! トップは「ゼルダの伝説」

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 「ゼルダの伝説 トライフォース3銃士」(3DS、任天堂)がトップでしたが、ややスロースタートという印象。発売日の発表から発売までの期間が短かったのが影響しているのかもしれません。今後、年末商戦にかけての伸びに期待したいところです。続いたのは「プリパラ めざせ!アイドル☆グランプリNo.1!」(同、タカラトミーアーツ)。こちらは前作にあたる「プリパラ&プリティーリズム プリパラでつかえるおしゃれアイテム1450!」(同)の倍以上を売り上げるほどの人気でした。

 ◇今週の動き

 「ゴッドイーター リザレクション」(PS4・Vita、バンダイナムコエンターテインメント)が断トツでしょう。トップはVita版、PS4版が続くと見ています。PSP版の「ゴッドイーター バースト」のリメークに当たりますが、その次に出た「2」から入ったというユーザーが多いこともあり、予約も絶好調。先日まで放送されたテレビアニメの影響も大きいようで、かなりのヒットを期待しています。3位以下には「ゼルダの伝説」「プリパラ」あたりが残るとみています。

 ◇ランキングは次の通り。(19~25日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 ゼルダの伝説 トライフォース3銃士(3DS)

2位 プリパラ めざせ!アイドル☆グランプリNo.1!(3DS)

3位 セブンスドラゴン3 code:VFD(3DS)

4位 ウイニングイレブン 2016(PS3)

5位 スプラトゥーン(WiiU)

6位 スーパーマリオメーカー(WiiU)

7位 妖怪ウォッチバスターズ 白犬隊(3DS)

8位 マインクラフト(Vita)

9位 ウイニングイレブン2016(PS4)

10位 妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団(3DS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る