MANTANWEB(まんたんウェブ)

痛クリスマスケーキ:ファン心理くすぐり年々拡大 好きなキャラと聖夜楽しむ

アニメ
「あにしゅが」の「プリパラ」のクリスマスケーキ(C) T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PP2製作委員会

 クリスマスを1カ月後に控え、アニメのキャラクターがデコレーションされた“痛クリスマスケーキ”がアニメファンの間で話題になっている。静岡県浜松市の菓子店「つかさ製菓」は通信販売でキャラクターケーキを販売し、クリスマスには数千台を売り上げるケーキが飛び出すほどの人気ぶりで、今年は昨年の倍以上の15種類以上を取りそろえる方針だ。好きなキャラクターと聖夜を楽しみたい……というファン心理をくすぐる商品として注目を集めつつある。

 子供向けのアニメキャラクターを描いたケーキはこれまでもあったが、痛クリスマスケーキは大人のアニメファンも満足できる本格的なケーキ。サンタクロースのコスプレ姿などの人気キャラクターが大きく描かれ、いやが上にもファン心理をくすぐる。

 つかさ製菓は2009年創業の菓子店で、痛クリスマスケーキは、自らもアニメファンという和田浩司代表取締役が「アニメファンがクリスマスを楽しめるように」と考え、13年から販売に乗り出した。年々ファンの間で知られるようになり、それと同時にラインアップも、13年は5種類、14年は6種類だったが、今年は15種類以上に拡大した。

 他社も痛クリスマスケーキを発売しているが、同社が売り出す「あにしゅが」はアニメファンの“ツボ”を押さえたラインアップが特徴だ。今年は「魔法少女まどか☆マギカ」「<物語>シリーズ」などの人気が定着しているタイトル以外にも、大人のファンも多い女児向けアニメ「プリパラ」や女性ファンにも人気の「ダイヤのA」「CLANNAD(クラナド)」、麻枝准(まえだ・じゅん)さんが脚本を手掛けたことも話題になった「Charlotte(シャーロット)」などをそろえている。食べるのがもったいない……という人が多いこともあり、デコレーションと同じイラストが描かれたプレートが付いているのも、アニメファンの心をつかんでいるようだ。

 和田代表によると、特に人気のあるのは13年から販売している「魔法少女まどか☆マギカ」で、「『ダイヤのA』は女性に人気があるなど、作品によって購入している層が違う」という。今後の展開については「どんどん広げていきたい」と積極的で、痛クリスマスケーキはさらに注目を集めそうだ。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る