藤岡弘、:「仮面ライダー」生誕45周年を祝い“ネオサイクロン号”で疾走

映画 マンガ
「仮面ライダー」生誕45周年記念イベントで、ネオサイクロン号を運転する藤岡弘、さん

 俳優の藤岡弘、さんが3日、 TジョイPRINCE 品川(東京都港区)で行われた映画「仮面ライダー1号」(金田治監督)の大ヒット記念イベントに登場。同日は、1971年4月3日に「仮面ライダー」の第1話が放送されてから、ちょうど45年目。イベントで、本郷猛(仮面ライダー1号)を演じた藤岡さんは、本郷の愛車「ネオサイクロン号」にまたがり、同所の「いちょう坂」を満面の笑みを見せながら、さっそうと走行した。

 ネオサイクロン号を運転した藤岡さんは「バイクにまたがってスイッチを入れエンジン音を聞いたら、ライダー魂に火がつきましたね」と充実した笑顔を見せ、「45年前はもっと軽かった。排気量1800cc、重量400キロになると重いですね。進化という時と、歴史の重みを感じました」とにっこり。また45年前について「当時は不自由だらけ、順風満帆ではなかったですね。みんなが危機と不安を感じながら前に進むという熱い現場でした。全力で現場を走っていました」と振り返った。

 イベントには、天空寺タケル(仮面ライダーゴースト)役の西銘駿(にしめ・しゅん)さんと深海マコト(仮面ライダースペクター)役の山本涼介さんも出席。藤岡さんは、西銘さんと山本さんに「何代も何代も、45年も続いたライダーを受け継いでいってほしい」とエールも送った。

 「仮面ライダー」シリーズは1971年4月3日に放送が開始され、第1作「仮面ライダー」では藤岡さんが主演し、視聴率30%超えを記録するなど変身ヒーローブームを巻き起こした。今回の「仮面ライダー1号」は、藤岡さんが72年に公開された映画「仮面ライダー対じごく大使」以来、44年ぶりに仮面ライダー1号として主演。長年にわたって海外で悪と戦っていた初代・仮面ライダーの本郷猛が、一人の少女の危機を知り、急きょ日本に帰国し、仮面ライダーゴースト=天空寺タケルやその仲間たちと出会い、少女の危機、そして日本の最大の危機を救うべく“変身”する……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る