MANTANWEB(まんたんウェブ)

アニメ質問状:「双星の陰陽師」 アクションにこだわり オリジナル展開も

アニメ マンガ
「双星の陰陽師」の一場面(C)助野嘉昭/集英社・「双星の陰陽師」製作委員会・テレビ東京

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、助野嘉昭さんのマンガが原作の「双星の陰陽師」です。五十嵐達也副監督に作品の魅力を語ってもらいました。

 --作品の概要と魅力は?

 運命によって結ばれた少年と少女が、時に反発しながらもひかれ合い、絆を深めながら成長してゆく、少年マンガ、アニメーションの“王道”的なストーリー展開の中に「“罪”や“穢(けが)れ”にまみれた世界は、それでも守るべきである」という大きなテーマをはらんでいるところ。

 --アニメにするときに心掛けたことを教えてください。

 バトルアクションがふんだんに盛り込まれた原作なので、映像化に際しても、アクションシーンのケレン味が損なわれることがないように気を付けています。

 --作品を作られる上でうれしかったこと、逆に大変だったことを教えてください。

 制作スケジュールとの兼ね合いで、毎度、各スタッフに必要以上の苦労を掛けてしまうことを常々心苦しく感じています。が、そんなスタッフの頑張りができあがった映像に少しでも反映されているのを見ると、うれしく思います。

 --今後の見どころを教えてください。

 今後も、原作とは違うアニメーションオリジナルの展開が盛り込まれていきます。主人公、ろくろと紅緒の行く末にはどんな結末が待っているのか? 大いに期待してご覧ください。

 --ファンの方へ一言お願いします。

 上記の今後の見どころがそのままファンへの一言になってしまいました……。

 五十嵐達也

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る