刃牙道:アニメ化決定 チャンピオンで発表

板垣恵介さんの「刃牙道」が表紙を飾った週刊少年チャンピオン(秋田書店)32号
1 / 5
板垣恵介さんの「刃牙道」が表紙を飾った週刊少年チャンピオン(秋田書店)32号

 板垣恵介さんの人気格闘マンガ「グラップラー刃牙(ばき)」シリーズの最新作「刃牙道」のアニメ化が、7日発売の週刊少年チャンピオン(秋田書店)32号で明らかになった。表紙には「アニメ化計画始動!」の文字と共に、コミックスの14巻に「オリジナルアニメDVD付きの限定版」が12月6日に発売されることも発表された。

 「グラップラー刃牙」シリーズは、地下闘技場のチャンピオン・範馬刃牙や刃牙の父で“地上最強の生物”の異名を持つ範馬勇次郎ら格闘家の戦いを描く格闘マンガ。1991年に同誌で第1部「グラップラー刃牙」がスタートし、第2部「バキ」が99~2005年、第3部「範馬刃牙」が06~12年に連載された。シリーズ最新作の「刃牙道」は14年3月からスタートしており、現代によみがえった剣豪・宮本武蔵の物語が描かれる。

 週刊少年チャンピオン32号では、「刃牙道」の描き下ろしのポスターが付く。またシリーズの連載25周年となる9月21日発売のチャンピオン43号では企画特集も予定している。DVD付きのコミックス14巻は3880円(税抜き)。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る