長澤まさみ:女子アナ役「生の緊張感に耐えられない」 ワンショルダーのミニワンピで美脚披露

芸能
映画「グッドモーニングショー」の初日舞台あいさつに登場した長澤まさみさん

 女優の長澤まさみさんが8日、東京都内で行われた映画「グッドモーニングショー」(君塚良一監督)の初日舞台あいさつに登場。長澤さんは黒のシックなワンショルダーのミニワンピ姿にヒールという装いで、美脚を大胆に披露し、観客を魅了した。

 映画は、中井さん演じるワイドショー「グッドモーニングショー」のメインキャスター・澄田真吾の災難だらけの1日を描くコメディー。番組放送開始前に澄田は、自分と付き合っていると勘違いしている小川圭子サブキャスター(長澤さん)から「交際を今日の番組で発表しよう」と迫られ、さらにプロデューサーからは、番組の打ち切りが告げられる。番組スタート直後に、立てこもり事件が起き、犯人から指名された澄田は、渋々現場に向かう……というストーリー。

 同作でサブキャスター役を演じた長澤さんは、「(アナウンサーは)同じテレビの世界でも全然違う職業なんだと感じたし、面白く楽しく演じさせてもらえた」と感想を明かしつつ、「自分がもしアナウンサーになると考えたら、毎日の生の緊張感に耐えられないなと……。話がへたなのでどこで終わればいいか分からなくて。『あいつ使えねー』となって、ダメになっていくような気がします」と苦笑交じりに語った。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る