MANTANWEB(まんたんウェブ)

蒼井優:共演者ドッキリで号泣「泣かされました」

映画
映画「アズミ・ハルコは行方不明」の初日舞台あいさつに登場した蒼井優さん

 女優の蒼井優さんが3日、東京都内で行われた主演映画「アズミ・ハルコは行方不明」(松居大悟監督)の初日舞台あいさつに高畑充希さん、太賀さん、石崎ひゅーいさん、葉山奨之さんと登場。蒼井さんは、共演者からドッキリを仕掛けられ、号泣したというエピソードを葉山さんから暴露され照れ笑いし、「泣かされましたね。役者がやるドッキリってうまいんですよね」としみじみと振り返っていた。

 蒼井さんは、今回の映画の共演者と「今でもしょっちゅう集まっている」といい、ドッキリはその集まりに遅れてきた蒼井さんの目の前で、葉山さんと助監督が“本気で”ケンカをするという内容だったという。太賀さんは「(蒼井さんが)わんわん、泣いていましたね。まあその泣き顔が可愛くて」と思い出し笑い。蒼井さんも「こんなに仲良くやってきたのに……。しかもその日、私が遅れた理由が映画のプロモーションで、いろいろな媒体でこのチームの仲の良さを語って。やっとみんなに会えるっていったのに……。もう『終わった、このチーム』ってなりましたね」と語った。

 「アズミ・ハルコは行方不明」は、2013年に発表された山内マリコさんの小説を映画化。蒼井さん演じる安曇春子の失踪を軸に、高畑さん演じるキャバクラ嬢の木南愛菜や、男だけを無差別に襲う女子高生ギャング団など個性的なキャラクターが登場する青春ストーリー。失踪前と失踪後の出来事を時間軸を交錯させながら描いている。

 蒼井さんは映画について「みんなの子供みたいな感じで。今まで携わってきた映画の中でも、一番心配できかんぼう。その分、手塩にかけて育ててきたので、皆さんが少しでも手を差し伸べてくれるとうれしいです」と思いを語っていた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る