コミケ:NHKが“薄い本”9000部を完配

「コミックマーケット91」のNHKブース
1 / 1
「コミックマーケット91」のNHKブース

 NHKが、29~31日に開かれた日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)91」で約9000部の“薄い本”を完配したことが分かった。NHKがコミケに出展するのは2014年冬のコミケ87、15年冬のコミケ89に続いて3回目で3年連続。毎回、“薄い本”を配布することが恒例になっている。今回は各日約3000部の“薄い本”が用意され、2日目の30日は午後2時半ごろに配り終えるなど好評だった。

 NHKは14年冬、大河ドラマ「花燃ゆ」をPRするためにコミケに初出展した。民放各局は同イベントに出展しているが、NHKが出展するのは初めてということもあり、注目された。コミケ91では例年通り、アンケートに答えた人に“薄い本”を配布。今回の“薄い本”は「ロウきゅーぶ! よんこま」などの三輪フタバさんが表紙、「薄桜鬼 ~新選組奇譚~」などのカズキヨネさんが裏表紙を描き下ろし、「龍の歯医者」「3月のライオン」「クラシカロイド」「にゃんぼー!」など同局のアニメの情報が掲載されている。

 コミケは、1975年に始まったマンガや小説、ゲーム、音楽などの同人誌の即売会で、現在は夏と冬の年2回開催されている。ブースには、同人誌を販売する一般ブースと商業作品を扱う企業ブースがあり、企業ブースは、95年夏から導入され、96年冬から本格的にスタートした。企業ブースは出版社やアニメ会社、ゲームメーカーの出展が大半だったが、近年はホンダやグーグル、マイクロソフトなどさまざまな“無縁企業”が出展している。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る