MANTANWEB(まんたんウェブ)

飯豊まりえ:清水富美加“欠席”舞台あいさつで涙こらえ「一緒に作り上げた」 「暗黒女子」でW主演

映画
映画「暗黒女子」完成披露試写会に登場した飯豊まりえさん

 宗教団体「幸福の科学」への出家を表明した女優の清水富美加さんと、女優の飯豊まりえさんのダブル主演映画「暗黒女子」(耶雲哉治監督、4月1日公開)の完成披露試写会が21日、東京都内で開催された。冒頭司会から清水さんについて「事務所側からの申し出により欠席」と発表され、舞台あいさつには清水さんを除く飯豊さんら主要キャストが登場した。

 飯豊さんは「富美加ちゃんが今日ここに一緒に立てなかったのは残念に思います。富美加ちゃんがどう思っているか分からないけれど、私は富美加ちゃんの人柄がすごく好きですし……」と涙をこらえながら、「富美加ちゃんも含め、一緒に作り上げたのはうそではないので、一人でも多くの方に届けていけるように頑張りたい」と思いを語った。

 この日は共演の千葉雄大さん、清野菜名さん、玉城ティナさん、小島梨里杏さん、平祐奈さんと、原作の秋吉理香子さん、耶雲監督も登場。耶雲監督は清水さんについて「役を本当に真面目に考えてくれて、どうすればこの映画が面白くなるか、どうすればお客さんがもっと驚いてくれるかをすごく考えていて、一緒にそういう話をした。率先して演技プランを出してくれました」と振り返り、「(清水さんが演じた)澄川小百合は、清水富美加という女優じゃなかったら存在しなかった。生まれることはなかった。本当にすごみのあるキャラクターになっています。本当にやばいです。なので、それを早く見てほしい」と熱く語っていた。

 「暗黒女子」は、秋吉さんの同名小説が原作。セレブ女子高生たちが通う「聖母マリア女子高等学院」で、全校生徒の憧れだった白石いつみ(飯豊さん)が謎の死を遂げ、文学サークルの誰かが彼女を殺したといううわさが立つ中、いつみの親友だった澄川小百合(清水さん)が会長となり、「いつみの死」をテーマにした自作の物語を朗読する定例会でそれぞれを“犯人”と告発していく……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る