MANTANWEB(まんたんウェブ)

プリパラ:新作のテーマの“ゆめかわ”とは? W主人公の狙いは…

アニメ ゲーム
アニメ「アイドルタイムプリパラ」のビジュアル(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/IPP製作委員会

 アーケードゲームやテレビアニメが人気の「プリパラ」が、4月に「アイドルタイムプリパラ」に一新された。新作のテーマは“ゆめかわ”で、アニメは新キャラクターの小学6年生・夢川ゆいと「プリパラ」の主人公だった真中らぁらのダブル主人公となるなど、大幅にリニューアルされたことも話題だ。新作のスタートから、約1カ月がたつが、“ゆめかわ”とは何なのか? なぜダブル主人公なのか?などの疑問を持っているファンも多いだろう。ゲームやアニメなどをプロデュースするタカラトミーアーツAM事業部の大庭晋一郎さんに、リニューアルの狙いを聞いた。

 ◇“ゆるかわ”はいわゆる原宿文化

 「プリパラ」は、2010年7月に稼働が始まったアーケードゲーム「プリティーリズム」シリーズの後継機として開発され、14年7月からアーケードゲームが稼働し、テレビアニメも同時期にスタートした。ゲーム機は、カードを使ってキャラクターの衣装をアイドル風にコーディネートして、その評価やリズムゲームの点数を競う。アニメでは、主人公・真中らぁらが“神アイドル”を目指す姿が描かれ、3月に最終回を迎えた。

 「プリパラ」は、前身である「プリティーリズム」シリーズのころから、ファッションのトレンドを取り入れてきた。大庭さんは「子供たちよりちょっとお姉さんの中高生のファッションを取り入れることを考えてきた。『プリティーリズム』のころは“JS(女子小学生)カラー”と呼ばれる黒とショッキングピンク、『プリパラ』はシャーベットカラーだった」と振り返る。

 「アイドルタイムプリパラ」は「プリパラ」と比較すると、衣装などの色合いがやや明るくなった印象もある。大庭さんは、新作のテーマの“ゆめかわ”について「夢見ているようでファンタジックな可愛さ。ふんわりしている。いわゆる原宿文化で、ファッション誌でも、ゆめかわというキーワードを目にするようになってきた」と説明する。前作「プリパラ」でもふんわりした印象のファルル、ユニコーンをモチーフにしたユニコンというキャラクターがいたが、大庭さんによるとファルルとユニコンも“ゆめかわ”のイメージで、子供に人気があり、新作のアートディレクションのヒントになったという。

 ◇3年で“世代交代”も…

 「アイドルタイムプリパラ」は「プリパラ」の主人公だったらぁらと新キャラクターのゆいのダブル主人公となったことも話題だ。約3年続いた「プリパラ」で、らぁらは目指していた“神アイドル”になった。大庭さんによると「『プリパラ』では、3年ベースで考えていて、らぁらが神アイドルになるという到達点があった。新シリーズのいろいろなパターンを考えている中、らぁらがいないという選択肢もあった」という。

 「プリパラ」は約3年にわたって続いていく中で、メインターゲットである女児のファンの“世代交代”もあった。大庭さんは「3年の中で変わったこととして、年齢が低い子が増えた。メインターゲットは5~9歳の女児だったが、少しずつ年齢層が広がり、3歳くらいの女児にも楽しんでもらえるようになった」と話す。さらに「女児向けのコンテンツは11、12歳が卒業ポイントになります。クラブ活動やボーイフレンドに興味を持つようになったり、勉強をしないといけないなどライフスタイルが変わるんです」といい、スタート時から「プリパラ」を楽しんできた8、9歳の女児が“卒業”してしまうこともあったという。

 ファンが“世代交代”する中で「新作では、らぁらが転校して、新しい土地で新キャラのゆいを案内する。ゆいが新規ファンの目線、らぁらがこれまでのファンの目線になる。継続でありながらも新しい」という考えから、ダブル主人公になったという。

 ◇2020年まで続くコンテンツに

 アニメに登場するアイドルテーマパークの「プリパラ」はこれまで、一部の例外を除き、女の子のためのものだった。しかし、「アイドルタイムプリパラ」では、男子による男子のための「男子プリパラ(通称:ダンプリ)」が登場。ゲームでは、友達と交換するためのカード「トモチケ」に「LINE」のスタンプのようにメッセージを入れることができる「トモチケスタンプ」機能を追加するなど“進化”を続けている。

 大庭さんが目指すのは、長く愛されるコンテンツだ。「プリティーリズム」シリーズのスタートから10周年を迎える。「2020年まで続くコンテンツ」を一つの目標にしているといい、「過去の資産を統合していき、2020年に向けて集大成となるようなことをやっている」と語る。

 リニューアルされたものの、大庭さんは「ガチガチなわけではなく、『プリパラ』らしい自由な世界観は変わらない。『プリティーリズム』シリーズのファンも楽しめる。今までもそうですし、これからもそうです」とも話す。10、20年と続くコンテンツを目指し、今後もさらなる進化を見せてくれることだろう。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る