MANTANWEB(まんたんウェブ)

棚橋弘至選手:悪役プロレスラー役で映画主演 役作りで長髪バッサリ

映画
棚橋弘至選手が主演を務める映画「パパはわるものチャンピオン」のビジュアル(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会

 新日本プロレスの棚橋弘至選手が、映画「パパはわるものチャンピオン」(藤村享平監督)で主演を務めることが分かった。悪役プロレスラー・ゴキブリマスクを演じる棚橋選手は、役づくりのため、長かった髪をバッサリ切ったといい、「プロレスラーになりプロレスに生かされてきました。その恩返しがしたい。全エネルギーを込めて撮影中です。皆さん、愛してまぁーす」と意気込んでいる。

 映画は、絵本「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」(ともに岩崎書店)が原作。かつては人気レスラーだったが、けがや世代交代の波に押され、悪役レスラー・ゴキブリマスクとして一生懸命に戦う孝志。息子の祥太は、学校の友達に散々嫌われるゴキブリマスクが自分の父であることをなかなか言えずにいたが、懸命に戦う父の姿がだんだん格好よく見えてきて……というストーリー。

 夫の仕事を支えながら、子供に父親の頑張っている姿を分かってほしいと願う妻・詩織を木村佳乃さん、息子・祥太を寺田心君が演じる。映画は2018年公開。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る