トミー・リー・ジョーンズ:東京国際映画祭で審査委員長に「ここに立っていることを大変うれしく思う」

映画
「第30回東京国際映画祭」のオープニングセレモニーに登場したトミー・リー・ジョーンズさん

 25日に開幕したアジア最大級の映画祭「第30回東京国際映画祭(TIFF)」のオープニングセレモニーが同日、EXシアター六本木(東京都港区)で行われた。コンペティション部門の審査委員長を務める米俳優のトミー・リー・ジョーンズさんが登場した。

 ジョーンズさんは「私自身、アメリカの映画産業の創造性、革新性を大変誇りに思っています。それと同じく、この映画祭で審査員として、人々に感情的、知的な理解を求めるような作品を見ることができてとてもうれしく思っています。映画製作の中心から、ここに立っていることを大変うれしく思う」と思いを語っていた。

 オープニングセレモニーには、映画祭アンバサダーの橋本環奈さんや、期間中に出演作が特集される安藤サクラさん、蒼井優さん、満島ひかりさん、宮崎あおいさんの4人も登場。そのほか、オープニング作品「鋼の錬金術師」(曽利文彦監督、12月1日公開)の主演を務める人気グループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さん、共演の本田翼さんと曽利監督、オープニングスペシャル作品の「空海-KU-KAI-」(チェン・カイコー監督)で主演を務める染谷将太さんらが出席した。

 「TIFF」は、1985年にスタートし、今回で30回目を迎えるアジア最大級の映画祭。オープニング作品は、邦画では10年ぶり、日本のマンガ原作の映画としては史上初となる「鋼の錬金術師」、クロージング作品は、アル・ゴア元米副大統領が地球温暖化問題に警鐘を鳴らすドキュメンタリー「不都合な真実2:放置された地球」(11月17日公開)に決定している。

 そのほか、怪獣映画「ゴジラ」シリーズ第1作(1954年公開)をフルオーケストラによる演奏とともに全編上映する特別企画「『ゴジラ』シネマ・コンサート」も開催する。また劇場版アニメ「君の名は。」で知られる新海誠監督作品のオールナイト上映や、素潜りダイバーのジャック・マイヨールを追ったドキュメンタリー映画の上映なども実施する。

 映画祭は、六本木ヒルズ(東京都港区)ほかで11月3日まで開催。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る