MANTANWEB(まんたんウェブ)

EXILE MAKIDAI:“ガンダム愛”語る 自宅には100体のガンプラも

アニメ 芸能
「GUNDAM docks at TOKYO JAPAN」のオープニングセレモニーに出席した「EXILE」のMAKIDAIさん

 アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズと大型商業施設が協力した大型イベント「GUNDAM docks at TOKYO JAPAN」のオープニングセレモニーが20日、ダイバーシティ東京 プラザ(東京都江東区)で開かれ、ダンス・ボーカルグループ「EXILE」のMAKIDAIさんが出席した。MAKIDAIさんは、自身のコレクションの赤いギャンと、ラインストーンで装飾したシャア専用ズゴックの写真を公開。声優の古谷徹さんからガンダムのプラモデルやフィギュアが何体あるか質問されると「100体近くはある」と“ガンダム愛”を語った。

 セレモニーには、タレントの鈴木奈々さん、声優の小松未可子さんも出席。MAKIDAIさんは、イベントのあいさつで、ダイバーシティ前にある高さ20メートルのユニコーンガンダム像を見て「ユニコーンガンダムのフォルムがめちゃくちゃ格好いい。一本角がすてき」と話すなど“ガンダム愛”たっぷりのコメントを連発した。

 “ガンダム初心者”の鈴木さんが「どうしてそんなにハマったの?」と尋ねると、「子供のときに、新しいモビルスーツが毎週のように出てきてハマった。大人になってゲームセンターで『機動戦士ガンダム 戦場の絆』というゲームで遊んで、作品を見直そうと思ったら、作品ごとのつながりが見えてきた」と熱く語って、ガンダムの魅力をアピールした。

 「GUNDAM docks」は、香港やシンガポール、台湾で開催されたガンダムの大型イベント。日本での開催は初めて。会場のフェスティバル広場の大階段には、ガンダムやジム、ザクなどの立像(高さは各約2メートル弱。10分の1サイズ)が21体並べられ、限定グッズも発売される。ダイバーシティの館内にも、各階に作品のラッピングがあり、関連商品の展示、ハロのバルーン、写真撮影スポットなども設けた。入場は無料。2018年1月8日まで。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る