MANTANWEB(まんたんウェブ)

玉木宏:今年の漢字は「繋」 映画は「お客様と“繋ぐもの”」

ブック 映画
映画「悪と仮面のルール」のプレミア試写会に登場した玉木宏さん

 俳優の玉木宏さんが12日、東京都内で開かれた主演映画「悪と仮面のルール」(中村哲平監督、2018年1月13日公開)のプレミア試写会に登場した。世相を表す「今年の漢字」が発表されたことを受けて、自身の“今年の漢字”を聞かれた玉木さんは「繋ぐ」と言い、「(出演作は)お客様に見ていただくために作っているものなので『繋(つな)ぐもの』。そういうことを感じた1年ですね」と振り返った。

 また映画のテーマにちなんで、「誰かをいちずに思うこと」について聞かれた玉木さんは、質問に少し面食らいながらも「いいんじゃないですか。そうありたいとは思いますが。こういう世の中で生きていくには、いちずは難しいのですが。そうあれたらいいなと思います」と話した。映画について玉木さんは「究極のラブストーリーだと思います」とアピールした。試写会には、出演した新木優子さん、吉沢亮さん、原作小説を手掛けた芥川賞作家の中村文則さん、中村監督も出席した。

 「悪と仮面のルール」は、中村さんが10年に発表した小説で、特殊な環境で育ってしまった男の究極の愛の物語。悪となるために“作られた”少年・文宏(玉木さん)は、愛する少女・香織(新木さん)を守るため、父を殺し、顔と名を捨て、そして香織の前から去る。香織と別れた文宏は別人になりすますが、香織を守るため再度、罪を犯すことを決意する……というストーリー。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る