MANTANWEB(まんたんウェブ)

ピンクレディー:39年ぶりのレコ大でSPメドレー熱唱 超ミニ衣装で圧巻パフォーマンス

芸能 テレビ
「第59回 輝く!日本レコード大賞」のステージに登場したピンクレディー

 1970年代後半に一世を風靡(ふうび)した女性デュオ「ピンク・レディー」が30日、新国立劇場(東京都渋谷区)で行われた「第59回 輝く!日本レコード大賞」(日本作曲家協会など主催)に生出演。39年ぶりにレコード大賞のステージに登場した2人はシルバーを基調とした超ミニ衣装にブーツ姿で、特別賞を受賞した阿久悠さんをたたえ、「ペッパー警部」「ウォンテッド(指名手配)」「UFO」の3曲をスペシャルメドレーで熱唱した。

 ピンク・レディーは、阿久さんが審査員を務めたオーディション番組「スター誕生!」(日本テレビ系)に合格したことがデビューのきっかけとなり、阿久さんが手掛けた「ペッパー警部」などが大ヒット。1976年に同賞の新人賞、77年に大衆賞、78年にレコード大賞を受賞している。

 この日の衣装は、歌手のマイケル・ジャクソンさんやレディー・ガガさんの衣装を手掛けたデザイナーのザルディ・ゴコさんが担当。未唯mieさん(59)と増田恵子さん(60)の圧巻のパフォーマンスに、司会を務めた女優の天海祐希さんもノリノリで、同局の安住紳一郎アナウンサーも「最高でした! 全国のファンを代表して、ミーちゃん、ケイちゃんありがとう!」と大興奮だった。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る