MANTANWEB(まんたんウェブ)

レディ・プレイヤー1:スピルバーグ最新作に三船敏郎がまさかの“出演”

ブック 映画 ゲーム
映画「レディ・プレイヤー1」特別映像の公開イベントに登場した(左から)村田雄介さん、開田裕治さん、ドナルド・デ・ラインさん、アーネスト・クラインさん、川原礫さん、伊藤智彦さん

 スティーブン・スピルバーグ監督の最新作となる映画「レディ・プレイヤー1」(4月20日公開)に、俳優の故・三船敏郎が「アバター(仮想世界のキャラクター)」として“出演”していることが1日、明らかになった。映画の原作小説を手掛けたアーネスト・クラインさんが来日し、1日に東京都内で開かれたイベントで明かした。三船はスピルバーグ監督と友人関係だったこともあり、遺族から使用許可が出たという。

 「レディ・プレイヤー1」は、アーネストさんのSF小説「ゲームウォーズ」が原作。経済が破綻寸前で、若者たちがバーチャル世界の理想郷「OASIS(オアシス)」にのめり込んでいる2045年が舞台となる。ある日、OASIS開発者から「OASISのどこかに隠された宝の卵『イースターエッグ』を見つけた者は、OASISの後継者となれる」という遺言が発信される。スラム街に住む主人公のウェイドは、全人類が参加するトレジャーハンティングに挑む……というストーリー。

 同作は、「機動戦士ガンダム」のガンダムや「ストリートファイター」のリュウ、春麗、「ハローキティー」のキティ、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の車型タイムマシンの「デロリアン」、劇場版アニメ「AKIRA」の金田のバイクなどが次々と登場することが話題になっている。ガンダムは最後の戦闘シーンでも登場し、敵とのバトルが展開されるという。

 同日、東京都内で開かれた特別映像の公開イベントでは、ライトノベル「ソードアート・オンライン(SAO)」の作者・川原礫(かわはら・れき)さん、アニメ監督の伊藤智彦さん、イラストレーターの開田裕治さん、マンガ「ワンパンマン」の作画担当の村田雄介さんらが特別ゲストとして登場した。

 映像を見た川原さんは「映像がリッチですね。SAOの(舞台)アインクラッドも『OASIS』の惑星の一つにしてほしい。(映像の)風景が最高にクールでパクりたい」と絶賛した。開田さんも「ガンダムに燃えますよね。次々とキャラクターが出てきて、最新技術で映像化され、しかもスピルバーグが作る。こんな燃えるシチュエーションがありますか」とまくし立て、観客から同意の拍手を浴びていた。

 さらに開田さんは「日本は歌舞伎の時代から歴史の人物がクロスオーバーするのが大好きなんです。怪獣映画でもゴジラ、ラドンなどを一緒にしたし、今でも(ゲームの)『スーパーロボット大戦』だってあるじゃないですか。その決定版じゃないですか。よく映画にしてくださった。心からお礼を言いたい」と感謝していた。

 来日したプロデューサーのドナルド・デ・ラインさんは「壮大なスケールのSFアドベンチャーだが、少年の成長物語でもある。テクノロジーも素晴らしいが、人間関係はもっと素晴らしいことを学んでいくという話だ」と明かした。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る