MANTANWEB(まんたんウェブ)

原泰久:「キングダム」作者が鍋島直正のイラスト描き下ろし

マンガ
原泰久さんが描き下ろした鍋島直正のイラスト(C)原泰久/集英社

 人気マンガ「キングダム」の作者・原泰久さんが、佐賀藩第10代藩主の鍋島直正(なべしま・なおまさ)の描き下ろしイラストを公開した。3月17日から佐賀市で開催されるイベント「肥前さが幕末維新博覧会」をアピールする。佐賀県基山町出身の原さんは「佐賀県の大イベントにこういう形で参画できることを心からうれしく思っております」とコメントしている。

 鍋島直正(閑叟=かんそう)は、西洋の文化や技術を取り入れて佐賀藩を改革、近代化を果たした。雄藩になった佐賀藩は、他藩と比べて優れた兵器をそろえるなどして、倒幕に大きく貢献した。原さんは「藩主・鍋島直正は、幕末の動乱期に、国内最強の軍事力を作り持ちながら、冷静沈着に時勢を見定めた賢人です。それととともに、幕府側、討幕側からの圧力にも屈しなかった豪胆な人でもあり、残っている写真のお顔からもその“強さ”がうかがえます。絵では、静かな眼力と表情、たたずまいの部分にこだわり、鍋島直正はこういう人ではなかったろうかと、思いをはせて描かせていただきました」と熱くコメントしている。

 佐賀県は2年前に「キングダム展」を開催したが、その時は原さんの描き下ろしのイラストはなく、以後原さんにラブコールを送っていたという。今回の博覧会の開催に原さんが賛同して、多忙な週刊連載のさなかにイラストを描き上げた。

 「肥前さが幕末維新博覧会」は、明治維新から150年を記念して行われ、幕末期の佐賀を映像で体感できるほか、歴史や食、文化、アートが楽しめる。原さんのイラストはホームページで公開されるほか、博覧会の期間中にメインパビリオン「幕末維新記念館」に展示する。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る