MANTANWEB(まんたんウェブ)

パシフィック・リム:続編の日本語吹き替え版に林原めぐみ、中村悠一、小野大輔 豪華声優が集結

アニメ 映画
映画「パシフィック・リム:アップライジング」の日本語吹き替え版の声優を務める(上段左から)坂本真綾さん、小野大輔さん、中村悠一さん、早見沙織さん、(下段左から)三ツ矢雄二さん、古谷徹さん、林原めぐみさん、魏涼子さん、子安武人さん(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

 人気SF映画の続編「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督、4月13日公開)の日本語吹き替え版の声優として、林原めぐみさん、中村悠一さん、小野大輔さん、早見沙織さん、坂本真綾さんら豪華声優陣が集結することが15日、明らかになった。林原さんは前作から引き続き菊地凛子さんが演じる森マコの声優を務め、「まさか、また森マコに会えるとは思いませんでした。メンバーも一新する中、ベテランの風格を漂わせているマコに、時の流れを感じます。前作に引き続き、日本へのリスペクトは十二分に感じられました」とコメントを寄せている。

 中村さんは、人類のために犠牲となった英雄スタッカー・ペントコスト司令官の息子のジェイク・ペントコスト(ジョン・ボイエガさん)、小野さんはトップクラスのパイロットのネイト・ランバート役(スコット・イーストウッドさん)、早見さんはつらい過去を背負い、KAIJUへの報復を誓うアマーラ・ナマニ(ケイリー・スピーニーさん)、坂本さんはイェーガーの整備や、KAIJUとの戦闘時には指揮ラインの管理を務めるジュールス・レジェス(アドリア・アルホナさん)をそれぞれ演じる。

 また、前作から引き続き古谷徹さんがニュートン・ガイズラー博士(チャーリー・デイさん)、三ツ矢雄二さんがハーマン・ゴットリーブ博士(バーン・ゴーマンさん)を演じるほか、魏涼子さん、子安武人さんも出演する。

 「パシフィック・リム」は、人類が未知の巨大生命体に人型巨大ロボットで立ち向かう姿を描いたSF映画で、2013年に公開された。続編は、前作で描かれた人類とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現す……というストーリー。俳優の新田真剣佑さんも出演する。

 ◇中村悠一さんのコメント

 デル・トロ監督とはまた違った「分かってるなぁ」感満載の本作、収録も楽しみながら、キャスト一同全力で挑ませていただきました。イェーガーやKAIJUが入り乱れる迫力の映像はぜひとも劇場で見ていただきたいです!

 ◇小野大輔さんのコメント

 前作のスケールの大きさ、面白さ、思いをバッチリ引き継いだ今作。とにかく熱くて楽しかったです。スコット・イーストウッドに声をあてさせていただけたのも光栄でした。ぜひ劇場で心を一つにして、共にイェーガーに乗り込んでいただければと思います。

 ◇早見沙織さんのコメント

 「パシフィック・リム」の続編に出演させていただけることをとてもうれしく思います。臨場感あふれるイェーガーのアクションシーンは、アフレコの時も手に汗握りました。ぜひスクリーンで、大迫力の映像をお楽しみくださいませ。

 ◇古谷徹さんのコメント

 再びニュートン博士を演じられてうれしいです! チャーリー・デイは喜怒哀楽が激しい個性的な演技をする俳優さんで、演じがいがあります。ますます磨きがかかった僕の怪演にご期待ください!

 ◇三ツ矢雄二さんのコメント

 パート2なので、あれからどんな話が続くのか、楽しみにしていました。思いの外、たくさんしゃべっていて、体力を使いました。ちょっとクセのある変わったキャラクターなので、何か味が出るといいな、と思っていましたが、せりふの量が多くて、しゃべるのだけで必死になってしまい、自分の個性で勝負、という感じになってしまいました。日本の専売特許だった「カイジュウ」が世界ブランドとして登場します。大人も子供も楽しめる作品です。ぜひご覧になってください。

 ◇魏涼子さんのコメント

 華やかな声優の皆様に囲まれて収録することができ、とても幸せな時間でした。 ここだけの話、一カ所だけ中国語でガヤを収録してもらえましたが、使っていただけるかな……!? どうぞお楽しみに~!

 ◇子安武人さんのコメント

 ロボット、怪獣、SF、バトル。大好きな要素テンコ盛り、面白いに決まってる! 頭カラッポで興奮しまくろう!!

 ◇坂本真綾さんのコメント

 ジュールスはとにかく美しいです。同じ女性から見てもほれそうなほど。公開がスタートしたら私もぜひ劇場の大きなスクリーンで、改めてじっくり楽しみたいと思っています!

 ◇林原めぐみさんのコメント

 まさか、また森マコに会えるとは思いませんでした。メンバーも一新する中、ベテランの風格を漂わせているマコに、時の流れを感じます。前作に引き続き、日本へのリスペクトは十二分に感じられました。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る