MANTANWEB(まんたんウェブ)

上戸彩:コナン前回出演の記憶「全くない」 アフレコは「のど潰れた」

アニメ 映画 マンガ
劇場版アニメ「名探偵コナン ゼロの執行人」」の公開アフレコを行った上戸彩さん

 女優の上戸彩さんが20日、東京都内で行われた劇場版アニメ「名探偵コナン ゼロの執行人」(立川譲監督)の公開アフレコに登場。声優として2度目の「名探偵コナン」出演となった上戸さんだが「12年前に本人役を演じたのですが、全く記憶にないんです。(作品を)PRしたのは覚えているのですが……」と苦笑いしていた。

 上戸さんは、今作で、容疑者となった毛利小五郎を担当する弁護士・橘境子を演じており、「テストの段階から、本番の気持ちで思いっきり演じていきました。2時間くらいで終わったのですが、終わった後はのどが潰れていました。大声を出したり、発狂したりしたので」と振り返っていた。

 公開アフレコには、上戸さんとゲスト声優を務めるお笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉さんも出席。大吉さんが、福山雅治さんが歌う主題歌「零 -ZERO-」を生歌唱する一幕もあり、上戸さんは、大吉さんの歌唱力の低さに爆笑していた。

 「ゼロの執行人」は、東京サミットの会場である巨大施設「エッジ・オブ・オーシャン」で突然、爆破事件が発生。そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった……と展開する。安室は、毛利小五郎に弟子入りした私立探偵「安室透」、黒ずくめの組織のメンバー「バーボン」、公安警察の「降谷零」と“トリプルフェイス”を持つ重要人物。不穏な動きを見せる安室に、主人公・江戸川コナンたちが翻弄(ほんろう)される中、爆破事件の容疑者として小五郎が逮捕されてしまう。小五郎の無実を証明するため真実を追求するコナンと、その前に立ちはだかる安室がぶつかり合う姿が描かれる。4月13日公開。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る