MANTANWEB(まんたんウェブ)

SCREEN mode:テレビアニメ「ムヒョロジ」OPを担当 EDはORESAMA

アニメ マンガ
テレビアニメ「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」のビジュアル(C)西義之/集英社・ムヒョロジ製作委員会

 音楽ユニット「SCREEN mode」が、今夏にスタートするテレビアニメ「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」のオープニングテーマ「GIFTED」を担当することが11日、明らかになった。ユニットのボーカルを担当する林勇さんは、アニメでロージー役の声優を担当することも話題になっている。また、音楽ユニット「ORESAMA」がエンディングテーマ「ホトハシル」を担当する。

 「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」は、2004~08年にマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された西義之さんのマンガが原作。悪霊による事件を処罰する魔法律が存在する世界で、天才魔法律家のムヒョと助手のロージーが依頼人のさまざまな問題を解決していく……というストーリー。今夏にBSスカパー!とアニマックスで放送される。

 ◇SCREEN modeのコメント

 オープニングテーマを担当させていただくSCREEN mode です! 大好きな作品で、声優としてロージー役を演じることができる上に、主題歌まで歌わせていただけるなんて、これ以上ないほどの幸せを感じています。仲間との絆の大切さを歌ったこの曲は、物語を通して成長を遂げていくキャラクターへの“応援歌”ですが、聴いてくれた皆さんの心にも、僕らのエールを届けられればうれしいです!

 ◇ORESAMAのコメント

 アニメ化、本当におめでとうございます! 逆境でもあきらめず、自分の信じる道へ突き進んでいく強い気持ちをストレートな言葉に乗せて歌いました。夏が来るのをとても楽しみにしています!(ぽん)

 今回は、クールな ORESAMA を表現した楽曲になっています。この楽曲が作品を少しでも彩れたらうれしいです。(小島英也)

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る