MANTANWEB(まんたんウェブ)

ディーン・フジオカ:ムロツヨシの“ディーン・ムロ”の呼称 「許可はしていない」

ブック 映画
映画「空飛ぶタイヤ」の公開記念舞台あいさつに登場したディーン・フジオカさん

 俳優のディーン・フジオカさんが16日、東京都内で開かれた映画「空飛ぶタイヤ」(本木克英監督)の公開記念舞台あいさつに登場。フジオカさんは撮影を振り返り、「ムロ(ツヨシ)さんとコンビのシーンが多かったんですけど、ムロさんが“ディーン・ムロ”っていう名前を使い始めて……」と苦笑いを浮かべた。

 会場には“ムロ・ディーン”と逆転したパターンの名前を書いた手作りグッズを掲げるファンの姿もあり、フジオカさんは「どういうことなんでしょうね?」と困惑。さらにフジオカさんは「番組やSNSで(ムロさんが“ディーン・ムロ”と)言ってくれていて。(取材で)『どう思われているんですか』って聞かれて、『まあ許可はしていないですけどね』って」と言い、「嫌な気はしないですけど、それだけ一心同体だった」と笑顔で振り返った。

 また、主演の人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さんが「普通にしゃべっているように見えますけど、ディーンくん、心の中でキレていますから」とちゃかすと、フジオカさんは大笑いしていた。舞台あいさつには高橋一生さん、深田恭子さん、寺脇康文さん、阿部顕嵐さん、六角精児さん、本木監督も登場した。

 映画は、池井戸潤さんの小説(講談社)が原作。トラックの脱輪事故で主婦が亡くなり、事故を起こした運送会社の社長・赤松徳郎(長瀬さん)は、整備不良を疑われてバッシングを受ける。トラックの欠陥を疑った赤松は、大企業のホープ自動車の調査が進まないことから、自ら調査を始めると、“リコール隠し”が存在しており……というストーリー。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る