サイレントメビウス:新作「QD」が最終回 14年ぶり復活も話題に

「サイレントメビウスQD」のコミックス第1巻のカバー
1 / 1
「サイレントメビウスQD」のコミックス第1巻のカバー

 1990年代にアニメ化されるなど人気を集めた麻宮騎亜さんのマンガ「サイレントメビウス」の新作「サイレントメビウスQD(クアドリガ)」が、20日発売のマンガ誌「月刊ヤングマガジン」(講談社)7月号で最終回を迎えた。

 「サイレントメビウスQD」は、「サイレントメビウス」の約14年ぶりとなる新作で、2013年に同誌で連載がスタート。前作から17年後のトウキョウを舞台に、新生した対妖魔特殊警察AMP(Attacked Mystification Police department)に所属するアオイ・真境名たちの活躍が描かれた。前作にも登場したレビア・マーベリックや闇雲那魅(やみぐも・なみ)のめいの凪などが登場したことも話題になった。

 コミックスが3巻まで発売されており、第4巻、最終5巻の発売日は今後、発表される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る