MANTANWEB(まんたんウェブ)

椎名ひかり:初主演作は「超絶バッドエンドなハッピーエンド」 武田玲奈との“仲良し”エピソードも

テレビ
配信ドラマ「少女ピカレスク」の先行上映初日舞台あいさつに登場した椎名ひかりさん

 “魔界からやってきた魔界人アイドル”の「椎名ぴかりん」こと、モデルの椎名ひかりさんが23日、シネマート新宿(東京都新宿区)で行われた主演配信ドラマ「少女ピカレスク」(井口昇監督)の先行上映初日舞台あいさつに共演の武田玲奈さんらと登場した。新人アイドル・ヒカリを演じた椎名さんは初演技にして初主演作となった今作について「超絶バッドエンドなハッピーエンド」と見どころをアピールした。

 「少女ピカレスク」は、「自撮り配信」を題材に心の闇にのみ込まれるアイドルたちを描いた作品。新人アイドルと裏の人格“ちーちゃん”の二つの顔を持つキャラクターを演じた椎名さんについて、同席した井口監督は「今回初演技で、すごくハードルの高い演技をしていただいた」と絶賛。椎名さんは発作を起こすシーンのために“発作トレーニング”を行ったといい、「発作トレーニングしましたね。パイプ椅子につかまりながら、どれだけ揺れている感を出せるか。“本気発作”はすごく学びました」と明かした。

 舞台あいさつには長澤茉里奈さん、松永天馬さん、神門実里さん、上埜すみれさんも出席。ヒカリが憧れるモデル・彩乃役を演じた武田さんは、同作について「残酷であり、でも美しい切ない物語だなって。自分のシーンにはすごく感情移入させていただいて演じました」と振り返った。椎名さんは同作の上映前に武田さんと2人で作品を見たと明かし、「(武田さんが)『怖い怖い怖いっ!』て言ってた」と“暴露”していた。

 ドラマは、トップアイドルになることを夢見る新人アイドル・ヒカリ(椎名さん)が、新曲のPV撮影でダンサーとして参加していた新人アイドル・日菜子(長澤さん)と亜依(神門さん)の2人と親しくなる。撮影も順調に進んでいたが、“ちーちゃん”と呼ばれる少女が収録現場に現れ、撮影中止せざるを得ない混乱を引き起こしてしまう。やがて日菜子や亜依の近くで不可解な出来事が起こり始める……というストーリー。

 CS放送「ファミリー劇場」の会員制サービス「ファミリー劇場CLUB」で今秋から配信予定。同所などで23日から特別先行上映を行っている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る