乃木坂46:神宮&秩父宮の2会場同時開催ライブで18万人動員 “シンクロ”パフォーマンスで魅了

アイドル
「乃木坂46」が明治神宮球場と秩父宮ラグビー場で開催した「真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~」の模様

 アイドルグループ「乃木坂46」が6~8日の3日間、「真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~」を開催。同グループが毎年開催している「BIRTHDAY LIVE」で、今回は明治神宮野球場(東京都新宿区)と秩父宮ラグビー場(東京都港区)の2会場同時開催となり、3日間で合計18万人を動員した。

 最終日の3日目は、明治神宮球場では「自惚れビーチ」、秩父宮ラグビー場では「裸足でSummer」でライブがスタート。各会場5曲を歌いきったところで、両会場が中継でつながった。秩父宮ラグビー場にいる白石麻衣さんから「神宮のみんな盛り上がってますか!」と投げかけられると、明治神宮球場の中田花奈さんが「みんな盛り上がってるよね!」と会場をあおり、大歓声が両会場に広がった。その後、両会場で「走れ!Bicycle」が流れると、メンバーが歌いながらそれぞれ別の会場に移動するパフォーマンスを披露した。

 ライブ後半では、「シンクロニシティ」を両会場がシンクロする形でパフォーマンスする場面も。また、乃木坂46にちなみ460発の花火が打ち上げられる演出もあり、会場を沸かせた。

 アンコールでは、8月8日発売の21枚目のシングルのアンダーメンバーの楽曲「三角の空き地」を初披露した。この日のライブが乃木坂46として最後のステージになる相楽伊織さんと斎藤ちはるさんが、マイクを通さず「みなさん本当にありがとうございましたー!」と涙ながらに感謝の気持ちを伝えると、ファンもそれに応えるように大きな声援を送った。

 さらに、21枚目のシングルの表題曲「ジコチューで行こう!」も初披露。続けて「ハウス!」「おいでシャンプー」を歌唱し、メンバーがステージを後にした後も歓声はやまず、ダブルアンコールへ。夏ソングの「ガールズルール」を披露し、ライブは幕を閉じた。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る