MANTANWEB(まんたんウェブ)

高良健吾:劇場版「夏目友人帳」でゲスト声優 島本須美、村瀬歩も出演

アニメ 芸能
劇場版アニメ「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」にゲスト声優として出演する高良健吾さん(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

 俳優の高良健吾さんが、アニメ「夏目友人帳」の劇場版「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」(9月29日公開)にゲスト声優として出演することが12日、明らかになった。高良さんは、母親思いの優しい青年で、ひょんなことから夏目と出会い交流する津村椋雄を演じる。また、島本須美さんが椋雄の母・容莉枝、村瀬歩さんが夏目の小学校時代の同級生・結城大輔をそれぞれ演じ、歌手のUruさんが主題歌「remember」を歌うことも分かった。

 高良さんは「好きな作品でしたので、劇場版に出演する機会をいただき、とてもうれしく思っています。声優の経験はあまりないのですが、不思議な魅力を持った青年・椋雄を僕なりに精いっぱい演じました。心温まるすてきな作品です。ぜひ、お楽しみいただけると幸いです」とコメントを寄せている。

 「夏目友人帳」は、月刊マンガ誌「LaLa」(白泉社)で連載中の緑川ゆきさんのマンガ。祖母から受け継いだ妖怪との契約書の束・友人帳を見つけた夏目が、自称・用心棒の妖怪ニャンコ先生とともに、友人帳に書かれた妖怪たちに名前を“返す”というストーリー。6度にわたってテレビアニメ化されており、第1期が2008年7~9月に放送され、第6期「陸(ろく)」が17年4~6月に放送された。

 ◇島本須美さんのコメント

 初めての劇場作品、おめでとうございます。さりげない日常の中での幸福と不思議。子を思う母の心をお伝えできていればいいのですが……。それから、ちょっとだけチャレンジしているシーンがあるんですよ。お楽しみください。

 ◇村瀬歩さんのコメント

 幼い時に生じてしまった小さなほころび、「見える」といううそがその後、気まずく、妙にリアルに描かれていて刺さりました。その昇華も含め、爽やかに描かれています。ぜひご期待ください!

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る