MANTANWEB(まんたんウェブ)

トム・クルーズ:撮影中骨折も6週間で現場復帰 “過激”アクション挑戦の理由は… 

映画
「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の来日会見に登場したトム・クルーズさん

 米俳優トム・クルーズさんが18日、東京都内で行われた人気アクション映画「ミッション:インポッシブル(M:I)」シリーズの最新作「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」(クリストファー・マッカリー監督、8月3日公開)の来日会見に登場した。クルーズさんは、劇中で上空約7620メートルからの超高速落下スカイダイビング“ヘイロージャンプ”に挑戦しており、「2万5000フィートまで上がり、酸素をテストする。日没という設定なので、タイミングが難しい。1日に1分間しか本番を撮る余裕がない。間違えたらその日の撮影はパー。そんな撮影したことがないから、どう撮るか問題でした」と振り返った。

 昨年、英ロンドンでの撮影中に距骨(きょこつ)を骨折するけがをしたクルーズさんは「骨を折りました。とても痛かったんです。壁にぶつかった途端に、折れたと思いました。しかし芝居上、カメラの前を通らないといけない。痛かったけど我慢して、カメラの前を走るところまでやりました」と当時を回顧。病院では「9カ月ぐらい(回復に)かかるんじゃないかと言われていました。私が6週間で戻りたい、と言ったら(医者は)あきれた顔で見ていました」といい、「ちゃんと6週間で現場に戻りました。それで(撮影は)走る場面です。11週間走り続けました」と笑顔で明かした。

 会見では、なぜ激しいアクションに挑戦するのかという質問もあり、「キャリアを通じて、いつも自分にチャレンジする。どんな映画でもです。観客のために全力を尽くすことを主義にしています。人生を映画作りにささげています」と思いを明かし、「見てもらうだけじゃだめなんです。経験してほしいわけです、お客さんに。素晴らしい俳優たちの才能を全部つぎ込んで、娯楽を皆さんに差し上げたいという気持ちです」と語っていた。

 会見には、ヘンリー・カビルさん、サイモン・ペッグさん、マッカリー監督も出席した。

 「ミッション:インポッシブル」シリーズは、敏腕スパイのイーサン・ハント(クルーズさん)率いる「IMF」が凶悪組織や闇組織と戦う人気アクション映画。第6弾の今作は、イーサンらがパリ、ロンドン、ノルウェーなど世界中を股にかけ、不可能なミッションに挑む姿が描かれる。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る