横浜流星:「撮影自体が青春だった」 「虹色デイズ」の思い出語る

映画「虹色デイズ」トークイベントに登場した横浜流星さん
1 / 10
映画「虹色デイズ」トークイベントに登場した横浜流星さん

 俳優の横浜流星さんが27日、東京都内で行われた映画「虹色デイズ」(飯塚健監督)のトークイベントに登場。同映画の撮影を通した思い出を聞かれた横浜さんは、「同世代が多くて、元々知っている子たちも多かった。撮影自体が青春だった」と振り返った。

 撮影現場に「いい意味で、仕事に来ている感覚がなかった」といい、「学校に通っているような、みんなと毎日会って、バカをして、そういう感覚を味わいました。本当にすごく楽しい撮影期間でした」と笑顔で語った。

 さらに、「普通は(出演映画を)客観的に見られない。ここをこうした方が良かったとか(反省が)あるんですが、今回はあんまりそういうものはなかったです」と明かし、「出来上がって、音楽もすごくすてきで鳥肌が立ちました。珍しく、客観的にこの作品を楽しめました」と語って、同席した飯塚監督を驚かせていた。

 「虹色デイズ」は、少女マンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載された水野美波さんのマンガが原作で、イケメン男子高校生4人の友情と恋を描く。ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の佐野玲於さんがピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(羽柴夏樹)、中川大志さんがチャラくて女好きなモテ男のまっつん(松永智也)、高杉真宙さんが秀才で超マイペースなオタクのつよぽん(直江剛)、横浜さんは、いつもニコニコしているが実は“ドS”の恵ちゃん(片倉恵一)をそれぞれ演じた。

写真を見る全 10 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画