MANTANWEB(まんたんウェブ)

棚橋弘至選手:「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙

映画 芸能
映画「パパはわるものチャンピオン」公開記念舞台あいさつに登場した棚橋弘至選手(中央)

 新日本プロレスの棚橋弘至選手が22日、東京都内で行われた主演映画「パパはわるものチャンピオン」(藤村享平監督)の公開舞台あいさつに登場。サプライズで同作のクランクアップ時の棚橋選手のあいさつの映像が流れ、撮影現場で演技指導をしたという塩崎遵監督補の感謝の手紙の朗読と、スタッフ全員からの寄せ書きをプレゼントされた棚橋選手は涙を流した。

 同映画で初主演を果たした棚橋選手は、クランクアップの映像で「プロレスをやってきて、ベテランになって、でも新しいことに挑戦して、こんなにも一生懸命になれることがあったっていうのが本当にうれしくて……」と涙する自分に、「本人なのに、もらい泣きしました」と照れ笑い。

 その後の、司会者が読み上げた塩崎監督補の手紙では、冒頭からこらえきれずに涙を流し、「今日は晴れ舞台の日です。存分にアピールしてください。笑顔でいてください。自信作に胸を張ってください」という手紙の最後の言葉に、「いやあ、笑顔、無理ですよ……。ありがとうございます」と泣き笑い。塩崎監督補については「アドバイスを、いいところでポーンとくれるんですよ。僕はそれを持ち帰って、家で練習する。僕も本当に感謝しています」と思いを語った。

 舞台あいさつには、棚橋選手、子役の寺田心君、女優の木村佳乃さん、藤村監督、主題歌を担当したシンガー・ソングライターの高橋優さんも登場。心君は棚橋選手に思わずもらい泣き。コメントを求められると、言葉に詰まりながら、棚橋選手を見つめ、「……頑張りました。……頑張りました」と繰り返していた。

 映画は、作・板橋雅弘さん、絵・吉田尚令さんの絵本「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」(共に岩崎書店)が原作。かつて人気レスラーだった大村孝志(棚橋選手)は、けがや世代交代の影響で今は悪役覆面レスラー“ゴキブリマスク”として懸命に戦っていた。孝志と妻の詩織(木村さん)は息子の祥太(心君)に大きくなったら父親の仕事を教えてあげると約束していたが、祥太はひょんなことから父親の仕事を知ってしまい……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る