バンダイ:AI技術活用のデジタルカードゲーム展開 19年にスマホアプリ配信へ

ゲーム
「ゼノンザード」のティザー映像の一場面(C)BANDAI

 バンダイは、AI(人工知能)技術を活用したデジタルカードゲームの新ブランド「【AI CARDDASS<エーアイカードダス>】」を企画し、シリーズの第1弾タイトル「ZENONZARD<ゼノンザード>」をスマートフォン用アプリとして2019年に配信することを明らかにした。

 「エーアイカードダス」は、「AIがキミを一流にする。」がキャッチコピー。膨大なプレーデータを学習したAIが、プレーヤーをサポートし、カードゲームの難しさや手間を減らしてプレーすることが可能になるという。将棋の電王戦でプロ棋士に勝利したponanza(ポナンザ)を開発したAIの専門会社HEROZ(ヒーローズ)の技術を活用する。

 「ゼノンザード」は、トレーディングカードゲームに特化したAIを搭載する予定で、プレーヤーとの対戦を通じてゲーム内容や思考、癖などを学習してAIが個性的に成長する。AIが、プレーヤーのデッキ(カードの組み合わせ)を構築するアドバイスをしたり、対戦結果を振り返って分析をする機能の搭載なども予定している。基本利用料無料のアイテム課金制。

 ゲームのルールやプレーイメージ、イベントなどのプロモーション展開は、12月配信のウェブ番組で発表される。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る