MANTANWEB(まんたんウェブ)

乃木坂46齋藤飛鳥:映画初出演作の初日迎えるも「公開しないことにならないかな」

映画 アイドル
映画「あの頃、君を追いかけた」初日舞台あいさつに登場した「乃木坂46」の齋藤飛鳥さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥さんが5日、東京都内で行われた映画「あの頃、君を追いかけた」(長谷川康夫監督)の初日舞台あいさつに、主演の山田裕貴さんらと共に登場した。本作で映画初出演を果たした齋藤さんは「すごくうれしいんですけど」と前置きしつつ、「自分に対する不安が大きくて、公開しないことにならないかなって思っていました」と本音をポロリ。山田さんから「何てことを言うんだ!」と突っ込まれ、観客の笑いを誘った。

 好きなシーンを聞かれると山田さんは、齋藤さん演じるヒロイン早瀬真愛が学生時代を回想するシーンを挙げた。同じ質問に齋藤さんは「雨で山田さんが自転車に乗っているシーンは、美しいシーンだと思います」と答えると、山田さんから「あれも回想の中だよ。一緒じゃん!」と再び突っ込まれ、齋藤さんは苦笑いを浮かべていた。

 舞台あいさつには松本穂香さん、佐久本宝さん、國島直希さん、中田圭祐さん、遊佐亮介さん、長谷川監督も参加した。

 同作は、2011年に台湾で約200万人を動員した映画のリメーク。仲間とつるんでバカなことばかりをして、気楽な高校生活を送っていた水島浩介(山田さん)は、その態度が教師の怒りを買い、クラス一(いち)の優等生・真愛(齋藤さん)をお目付け役にされてしまう。真面目でお堅い真愛を疎ましく思う半面、中学時代からの憧れだった真愛に胸がざわつく浩介。教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まっていく……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る