篠田麻里子:入江悠監督は「私のブラックな部分を見抜いている」

映画 マンガ
映画「ギャングース」の公開初日舞台あいさつに登場した篠田麻里子さん

 モデルで女優の篠田麻里子さんが23日、TOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)で開かれた映画「ギャングース」(入江悠監督)の公開初日舞台あいさつに登場。入江監督の作品に2度目の出演となる篠田さんは、「入江作品は配役がすごい。(監督は)私のブラックな部分を見抜いていて、人間の裏の部分の見極めがすごいと思う」と語った。

 入江監督の印象について、篠田さんは「人見知りのおじさん。最初は目を合わせてくれなくて……。2作目で少し会話ができるようになった」と笑い、入江監督も「山本(舞香)さんにも『人見知り』と言われた」と照れながら、篠田さんと同じ指摘を受けていたことを明かした。イベントには、高杉真宙さんと加藤諒さん、ロックバンド「黒猫チェルシー」の渡辺大知さんの主演の3人に加え、林遣都さん、山本舞香さん、ギタリストのMIYAVIさんも出席した。

 「ギャングース」は、ルポライターの鈴木大介さんの「家のない少年たち」(太田出版)を原案に、肥谷圭介さんが作画、鈴木さんがストーリー共同制作も担当して2013~17年にマンガ誌「週刊モーニング」(講談社)で連載されたマンガが原作。映画は“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描いた青春エンターテインメント。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る