MANTANWEB(まんたんウェブ)

岡田将生:“父”時任三郎の言葉に驚き? 「久々に絶句しました」

映画
映画「家族のはなし」の公開初日舞台あいさつに登場した岡田将生さん(左)と時任三郎さん

 俳優の岡田将生さんが23日、東京都内で開かれた主演映画「家族のはなし」(山本剛義監督)の公開初日舞台あいさつに、共演の時任三郎さんらと登場した。岡田さんは、時任さんが演じる父親にいら立ちをぶつける息子を演じている。時任さんは、岡田さんの印象を聞かれると「怖かったです。迫真の演技だったので」とコメント。岡田さんは自分自身のことを「怖い」と言われたと勘違いしたようで、「久々に絶句しました」と驚いた様子だった。

 舞台あいさつには、共演の成海璃子さん、財前直見さん、金子大地さん、原作者でお笑い芸人の鉄拳さん、山本監督も登場。岡田さん演じる拓也の母を演じた財前さんは「(岡田さんは)存在自体がピュア。カッコよくて、できすぎた息子だなと」と表現。また、この日が勤労感謝の日ということもあり、岡田さんがサプライズで、時任さんと財前さんに感謝の花束を渡す一幕もあった。

 映画は、2013年に信濃毎日新聞との企画として発表された鉄拳さんのパラパラマンガが原作。鉄拳さんがアートディレクターとして参加している。リンゴ農園を営む優しい両親がいる一人息子の拓也(岡田さん)は、大学進学のために上京したものの、両親に内緒で大学をやめ、バンドでプロになるが挫折。3年ぶりに帰郷する。父の徹(時任さん)にも拓也に言えない秘密があった……という内容。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る