青山ひかる:超ミニスカでホラーVR体験 「大泣きした」

芸能 アイドル
名古屋テレビ塔で行われたVRアトラクション「VR DIVE『ダムド・タワー -ホスピタル サイト-』」の大ヒット記念公開トークイベントに登場した青山ひかるさん

 グラビアアイドルの青山ひかるさんが14日、名古屋テレビ塔(名古屋市中区)で行われたホラーテイストのVRアトラクション「VR DIVE『ダムド・タワー -ホスピタル サイト-』」の大ヒットを記念して開かれた公開トークイベントに登場した。超ミニ丈のスカート姿で登場した青山さんは、自身のことを「すごくチキン(臆病者)」といい、同アトラクションの体験で「大泣きして、ゴーグル(の下)に着ける白い布がビチャビチャになりました……。泣いて序盤でギブアップしました」と話した。

 この日は、同アトラクションのアンバサダーを務める看護師でコスプレーヤーの桃月なしこさん、モデルのアンジェラ芽衣さん、今年6月にレースクイーン大賞・新人部門グランプリを受賞した林ゆめさん、「美人すぎるマジシャン」と話題のプロマジシャン・御寺ゆきさんも登場した。

 青山さんのコメントを聞いていた桃月さんは「いろいろ語っていますけど、ほとんど怖いところはなにも(体験していない)。(ギブアップは)だいぶ前半ですからね」と暴露。青山さんは、ほかの登壇者からも「スタッフさんが『まだ始まっていないのに叫んでいる』と言われていた」「長時間、スタート地点にいたよね」などと散々突っ込まれ、「もうちょっと行こうと思っていたけど、全然進めなかった」と照れ笑いしていた。

 アトラクションは、映画「女優霊」「リング」などの“Jホラー”で知られる仙頭武則プロデューサーが初めて手がけたVRアトラクション。2026年の超高層タワーで、体験者は原因不明の病に侵され、タワーの中の病院に搬送される……というストーリー。ヘッドセットを着けてコントローラーを持ち、仮想空間を歩きながら体験する。営業は、名古屋テレビ塔で24日まで。平日は午後1~10時、土日曜・祝日は午前10時~午後10時。会期中無休。料金は1500円、名古屋テレビ塔の展望セット券は2000円。12歳以下は利用不可。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る