MANTANWEB(まんたんウェブ)

小倉優香:くノ一姿で初主演映画をアピール 「何度も劇場に見に来て」

映画
映画「レッド・ブレイド」の初日舞台あいさつに登場した小倉優香さん

 モデルで女優の小倉優香さんが15日、東京都内で開催された初主演映画「レッド・ブレイド」(石原貴洋監督)の初日舞台あいさつに出席した。“女子高生のくノ一”を演じた小倉さんはこの日、役衣装で登場。本格アクションに挑戦した撮影を振り返り、「すごい大変で過酷な撮影でした。最初は映画の内容を知らされず『初主演』って聞いて、『分かった』って。後で内容がアクションだって聞いて、『ダンスをしていたから体を動かすことはできる』って思ったんですけど、現場だとみんなうまくて自分ができなくてショックを受けて、練習しました」と明かした。

 この日の舞台あいさつには、共演の搗宮姫奈(つきみや・ひめな)さん、花影香音さん、岩永ジョーイさん、美音咲月さん、TAK∴(坂口拓)さん、同作の原案の園子温さんも出席。園さんは、小倉さんの演技について「素晴らしい。食い入るように見ました。花開いたようで、驚がくしました」と絶賛すると、小倉さんは「大好きな監督なので、うれしすぎます」と喜んでいた。

 映画は、いじめられっ子の女子高生が、江戸時代の伊賀へとタイムスリップし、忍び寄る悪に立ち向かう姿を描く。いじめられっ子の女子高生マコ(小倉さん)は、学校の図書室で忍者の児童書「雷風刃」を読むことだけが心安らぐ時間だった。ある日、下校途中のマコの前に、「雷風刃」の忍者のヒロ(搗宮さん)とユウ(花影さん)が現れ、マコは導かれるように伊賀の世界へタイムスリップする。そこで出会った伝説の忍者・才蔵(TAK∴さん)の下で、マコは忍者修業を始める……というストーリー。

 小倉さんは「DVDが出る前に、何度も劇場に見に来てください」と、映画をアピールしていた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る