小松未可子:「キャラも世界観も濃い」 新作テレビアニメ「リヴィジョンズ」をアピール

アニメ
アニメ「revisions リヴィジョンズ」の先行上映会に登場した(左から)日笠陽子さん、島崎信長さん、内山昂輝さん、小松未可子さん、石見舞菜香さん

 声優の小松未可子さんが23日、ヒューマントラストシネマ渋谷(東京都渋谷区)で開かれたテレビアニメ「revisions リヴィジョンズ」の先行上映会に登場。未来人の女性・ミロ役の小松さんは、作品の感想について「できあがった映像見ると、(演じた私も)『こんなに濃かったっけ?』と思うほど、キャラクターも世界観も濃い」と明かした。

 「リヴィジョンズ」は、「コードギアス 反逆のルルーシュ」などの谷口悟朗監督が手がけるオリジナルアニメ。幼い頃に誘拐された過去を持つ高校2年生・堂嶋大介と幼なじみたちが、渋谷の街ごと300年以上先の未来に飛ばされ、未来人リヴィジョンズや巨大な機械の化け物と戦う……というストーリー。

 イベントには、周囲から浮いても自説を曲げずに勝手に行動する主人公・大介役の内山昂輝さん、優等生で大介とぶつかる張・剴・シュタイナー役の島崎信長さん、大介に好意を寄せる手真輪愛鈴役の石見舞菜香さん、リヴィジョンズ(未来人)であるチハル・イスルギ役の日笠陽子さんも出席した。

 作品を見た感想を聞かれた内山さんは「大介がやばいなあ。とんでもないキャラクターを生み出した」と話し、最後に「大介はやばいやつですが、内山はやばくないので……」と自らフォローしていた。石見さんは「(自身が演じる)愛鈴ちゃんは、大介君が好きという設定ですが、異性として好きになるのはどこだろう? 第三者で見るのはいいけれど、実際クラスメートだったら、うーん……」と正直に話して、観客を笑わせた。

 アニメはフジテレビの深夜アニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」で2019年1月9日から毎週水曜深夜0時55分に放送される(初回は深夜1時5分から)。 

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る