MANTANWEB(まんたんウェブ)

神谷浩史:「ヤマト2202」の原動力は信頼関係 最終章に「今は感無量」

アニメ
「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の第7章「新星篇」の公開記念舞台あいさつに登場した(前列左から)福井晴敏さん、桑島法子さん、小野大輔さん、鈴村健一さん、羽原信義監督、(後列左から)中村繪里子さん、神谷浩史さん、山寺宏一さん、手塚秀彰さん

 人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の最新作「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の最終章となる第7章「新星篇」の公開記念舞台あいさつが2日、丸の内ピカデリー(東京都千代田区)で開催され、キーマン役の神谷浩史さんら声優陣が登場した。第1章「嚆矢篇」が公開された2017年2月から約2年でついに最終章を迎え、神谷さんは「2年以上かけてぜいたくな時間を使いながら収録させていただきました。時間が信頼関係を育んでいきました。それが原動力となっています。今は感無量です」としみじみ語った。

 また、神谷さんは、アベルト・デスラー役の山寺宏一さんとの共演について「すごく楽しかった」とコメント。山寺さんは「ウチのおいっ子(神谷さん演じるキーマンは山寺さん演じるデスラーのおい)は話が上手だね。中学生の頃から『ヤマト』のファンで、とにかくプレッシャーしかなかった。ちゃんとやれているかな?と気にしていたけれど、終わってみると、素晴らしい作品に参加できてうれしかったという気持ちが一番です」と明かした。

 舞台あいさつには、古代進役の小野大輔さん、森雪役の桑島法子さん、島大介役の鈴村健一さん、ズォーダー役の手塚秀彰さん、桐生美影役の中村繪里子さん、羽原信義監督、シリーズ構成、脚本の福井晴敏さんも登壇した。

 「宇宙戦艦ヤマト2202」は、12~14年に劇場上映、テレビ放送された「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編で、1978年に公開された「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」がモチーフ。全7章。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る