かつて神だった獣たちへ:テレビアニメの追加キャストに石川界人、日笠陽子

アニメ「かつて神だった獣たちへ」のビジュアル(C)めいびい・講談社/かつ神製作委員会
1 / 7
アニメ「かつて神だった獣たちへ」のビジュアル(C)めいびい・講談社/かつ神製作委員会

 「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中のめいびいさんのダークファンタジーマンガが原作のテレビアニメ「かつて神だった獣たちへ」に声優として石川界人さん、日笠陽子さんが出演することが5日、分かった。石川さんは、擬神兵討伐を目的とする人間による部隊クーデグラースの若き隊長・クロード、日笠さんは主人公のハンクをサポートするライザをそれぞれ演じる。

ウナギノボリ

 「かつて神だった獣たちへ」は、パトリア大陸を舞台に、かつての戦友である擬神兵を殺す獣狩りのハンクと、彼に父親を殺された少女・シャールが共に旅をする姿を描いている。

 アニメは「彩雲国物語」などの宍戸淳さんが監督を務め、「ユーリ!!! on ICE」などのMAPPAが制作する。小西克幸さんがかつて神とたたえられた救国の英雄だった擬神兵のハンク、加隈亜衣さんが父のかたきへの復讐(ふくしゅう)を胸に旅をする少女シャールをそれぞれ演じる。2019年に放送。

 ◇キャスト(敬称略)

 ハンク:小西克幸▽シャール:加隈亜衣▽ケイン:中村悠一▽エレイン:能登麻美子▽クロード:石川界人▽ライザ:日笠陽子

 ◇石川界人さんのコメント

 この度クロードを演じさせていただきます。かつては英雄だったものたちが、今では悪とされている世界だと聞いた時にとてもワクワクしました。あくまで作品のことですが、現実に生きている自分たちにも何かを訴えかけるようなテーマであると感じています。この作品が伝えたいことをしっかりと表現できるように一生懸命頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 ◇日笠陽子さんのコメント

 悲しく美しい世界観を持つこの作品。ライザとして関われることがとてもうれしいです。ライザは登場人物の中で唯一ギャグも担当できるキャラですので、明るく優しく、ハンクとシャールを支えていけるような、そんな作品作りをしていきたいと思います。

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画