新世紀エヴァンゲリオン:コラボ酒場が池袋に再“襲来” 「使(4)徒(10)アワー」も

アニメ
池袋にオープンした「エヴァンゲリオン酒場」(C)カラー

 人気アニメシリーズ「エヴァンゲリオン」をモチーフにしたメニューが楽しめる「エヴァンゲリオン酒場」が「池袋46食堂」(東京都豊島区)に9月1日までの期間限定でオープンしている。「使徒、襲来(シュウマイ)」、「『逃げちゃダメだ』激辛豆腐チゲ」(各590円、以下税抜き)など、エヴァンゲリオンのキャラクターや名シーンをモチーフにしたメニューを提供している。

 「エヴァンゲリオン酒場」は、昨年11月に、7周年を迎えた「EVANGELION STORE TOKYO-01」の記念企画としてオープン。エヴァンゲリオンの世界観と大衆居酒屋を掛け合わせたユニークな企画で話題を集めた。多くのファンからの要望を受け、今年も期間限定で営業することが決まった。再オープンに当たり、前回開催時の人気メニューに加え、「おめでとうケーキ」(590円)などスイーツも取りそろえる。昼の時間帯には「綾波レイ製パスタ」、「アスカトーレ」(各990円)などのランチメニューも提供。また、開催期間中3回に分けて、「サキエルのムニエル」(790円)や「渚香る海鮮塩焼きそば」(590円)、「使徒イカ焼き」(690円)などといった期間限定のメニューも展開する。

 また、「使(4)徒(10)アワー」と題し、エヴァンゲリオンに登場する謎の生命体「使徒」をもじり、午後2時10分(14時10分)から午後4時までドリンクメニューの販売価格から一律41.0円引きになる特別タイムも設けられるほか、定額飲み放題のコースも用意されている。そのほか店内では「エヴァンゲリオン酒場 短冊メニューシールセット」(600円)や「クリアファイル」(350円)などの限定グッズも販売する。

 営業時間は、ランチメニューが午前11時30分から午後2時、酒場メニューが午後2時から午後11時で、ラストオーダーは各営業終了時間の30分前まで。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る