MANTANWEB(まんたんウェブ)

乃木坂46齋藤飛鳥:変化の時期も「過去を振り返ってもいい」 西野七瀬ファンにも呼びかけ

映画 アイドル
ドキュメンタリー映画「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」の完成披露上映会に登場した齋藤飛鳥さん

 アイドルグループ「乃木坂46」のドキュメンタリー映画第2弾「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」(7月5日公開、岩下力監督)の完成披露上映会が6月25日、東京都内で行われ、メンバーの齋藤飛鳥さん、秋元真夏さんらが登場。映画の見どころを聞かれた齋藤さんは「卒業した西野(七瀬)もちゃんと出てくる。(西野さんが)いなくなってしまって、去ってしまった西野ファンの皆さんにも見ていただきたい」と西野さんのファンに呼びかけた。

 今作は、前作「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂 46」(2015年公開)から4年ぶりとなる「乃木坂46」のドキュメンタリー映画第2弾。西野さんの卒業をきっかけに、自分探しの旅に出るメンバーたちの葛藤と成長が捉えられている。

 前作について「個人のことにフォーカスを当てていて、個人のことに踏み込んでいた印象だった」と振り返った齋藤さんは、「今回はグループの良さ、みんなでいることの良さみたいなものが前面に出ていた」とコメント。また、メンバーの卒業が相次ぐ現状について「変化が大きい」と分析し、「前に進もう、進もうとばかりしていたなと思った。卒業していったメンバーや過去のことを振り返ってもいいんだっていう、優しい気持ちになれた」と胸の内を明かしていた。

 この日の上映会には、齋藤さん、秋元さんのほか、梅澤美波さん、高山一実さん、与田祐希さん、岩下監督も出席した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る