MANTANWEB(まんたんウェブ)

乃木坂46高山一実:齋藤飛鳥の読書姿に「うわ! 可愛い!」

映画 アイドル
ドキュメンタリー映画「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」の完成披露上映会の様子

 アイドルグループ「乃木坂46」のドキュメンタリー映画第2弾「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」(7月5日公開、岩下力監督)の完成披露上映会が6月25日、東京都内で行われ、メンバーの秋元真夏さん、梅澤美波さん、齋藤飛鳥さん、高山一実さん、与田祐希さん、岩下監督が出席した。

 今作は、前作「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂 46」(2015年公開)から4年ぶりとなる「乃木坂46」のドキュメンタリー映画第2弾。西野さんの卒業をきっかけに、自分探しの旅に出るメンバーたちの葛藤と成長が捉えられており、秋元さんは「最近のほうが、メンバー間で気を使うことが減ってきた」、高山さんも「この子(メンバー)がコンプレックスを感じている部分すら、好きだなって思う。全部が好きという感じになっている」とグループへの愛をあふれさせ、齋藤さんも「私も、メンバーのことはちゃんと好きだなと思いました」と語っていた。 

 また、エンドロールがお気に入りという高山さんは、全編を通して涙が出るようなシーンが多かったといい、「エンドロールの飛鳥。こうやって本を読んでいるところない? あそこ、めっちゃ可愛かった!」と大絶賛。齋藤さんが大笑いする中、高山さんは「謙遜したくないくらい、『いいグループだ』っていうくらい愛にあふれている映画だったけど、エンドロールで『うわ! 可愛い!』と驚いた。より尊敬しました」と笑顔を見せていた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る