YOSHIKI:実はホラーが苦手 顔を手で覆い「隙間から見る」 映画「ブライトバーン/恐怖の拡散者」イベント

映画
映画「ブライトバーン/恐怖の拡散者」の公開記念イベントにスペシャルゲストとして登場したYOSHIKIさん

 ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんが11月15日、東京都内で行われた映画「ブライトバーン/恐怖の拡散者」(デビッド・ヤロベスキー監督)の公開記念イベントにスペシャルゲストとして登場。今作がホラー、SF、サスペンス、ドラマなどのジャンルを超えた作品について、YOSHIKIさんは「前に『ソウ4』という映画でテーマ曲を作曲させていただいたことはあるのですが、正直に言うとホラー映画は苦手」と明かし、「いまだに手をこうやって(顔の前を手で覆う仕草をしながら)隙間(すきま)から見るっていう。結局見ていることには変わりはないんですけど(笑い)」と話していた。

 映画は、米マーベル・コミックを題材にしたSFアクション「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督がプロデュース。子供ができずに苦しんでいた夫婦が、子供を拾って育て、その子供が12歳になると異常な能力を発揮し、平和な街を恐怖に陥れていく姿を描く。

 今作を鑑賞した感想を聞かれたYOSHIKIさんは、「普通はスーパーヒーローって正義の味方じゃないですか。それが逆にいってしまうという、新しい発想に感銘を受けています」と感心するも、「ただ、やっぱり見るときは指の隙間から見ました」と話し、笑いを誘っていた。

 イベントには、キャストのジャクソン・A・ダンさん、ヤロベスキー監督、衣装デザインを担当したオータム・スティードさん、マジシャンのセロさんも出席。

 11月20日が誕生日のYOSHIKIさんは、特製バースデーケーキでサプライズ祝福されると、「夢を見ているみたい。本当に日本にいるのかなみたいな」と照れ笑いを浮かべ、「すてきなスタッフの皆さんに祝ってもらって本当に感謝しています。ファンの方もありがとう」と喜んでいた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る