映像研には手を出すな!:第2話「映像研、爆誕す!」 浅草、金森、水崎が動き出す…

アニメ マンガ
アニメ「映像研には手を出すな!」の第2話「映像研、爆誕す!」の一場面 (C)2020 大童澄瞳・小学館/「映像研」製作委員会

 女子高生がアニメ制作に打ち込む姿を描いたマンガが原作のテレビアニメ「映像研には手を出すな!」の第2話「映像研、爆誕す!」が、NHK総合で1月12日深夜0時10分(関西地方は深夜0時45分)に放送される。

 アニメーター志望の水崎ツバメは、高校のアニメ研究部に入ることを親に禁じられているため、浅草みどり、金森さやかと共にアニメを作るには、新しい部活を立ち上げるしかない。3人は職員室に向かうが、すでにアニ研があるため、アニメを作るというわけにはいかない。実写系の部活が教師に求められていることを知った金森は、映像部を名乗ってアニメを作ることを発案する。こうして「映像研」が“爆誕”。3人がかつてアニ研が使っていたという倉庫を開けると、そこには宝の山が……。

 「映像研には手を出すな!」は、2016年からマンガ誌「月刊!スピリッツ」(小学館)で大童澄瞳(おおわら・すみと)さんが連載中のマンガ。自分の考えた“最強の世界”で大冒険することが夢の浅草みどり、プロデューサー気質の金森さやか、アニメーター志望のカリスマ読者モデルの水崎ツバメが、脳内にある“最強の世界”を表現すべく、映像研究同好会を立ち上げ、アニメ制作に打ち込む……というストーリー。アニメは、「夜明け告げるルーのうた」「四畳半神話大系」などの湯浅政明さんが監督を務める。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る