群れなせ!シートン学園:徳井青空×芹澤優 可愛い対談

アニメ
「群れなせ!シートン学園」に出演する芹澤優さん(左)と徳井青空さん

 マンガアプリ「サイコミ」(Cygames)で連載中の山下文吾さんの学園ラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「群れなせ!シートン学園」。さまざまな種族の動物が通うシートン学園を舞台に、動物嫌いの人間・間様人(まざま・じん/ジン)がオオカミ少女・大狼ランカらに振り回される姿を描いている。メスの動物擬人化キャラクターの可愛さも話題になっている。中でも人気なのが、ミスメスに3年連続で選ばれた学園アイドルのネコの猫米クルミ、中国からやって来たパンダの留学生の苺苺(メイメイ)だ。クルミ役の徳井青空さん、メイメイ役の芹澤優さんの可愛い対談が実現。アフレコなどについて聞いた。

 ◇ネコ派です!

 --原作を読んだ印象は?

 徳井さん にぎやかで個性豊かなキャラクターがたくさんいますよね。オスは動物そのままの見た目でリアリティがある一方で、メスは擬人化されていてとても可愛い。すごく楽しく読ませていただきました。私は特にナマケモノが好きなのですが、ナマケモノの知識が紹介された時は、「あ、これ知ってる!」って思ったり。私はゆっくりした動物が好きで、自分がのんびりしている方だからか、ナマケモノや牛みたいな、動きがゆっくりした動物を見るのがすごく好きなんです。「シートン学園」のナマケモノ・ミユビもかなりゆっくりとした動きをしていて、やっぱりそこが可愛いんですよね。

 芹澤さん 「こんなギャグあるんだ!」って思いました。読んでいくと今まで動物の知らなかった生態を自然に知ることができて、面白かったです! コアラが●●を食べるとか……(笑い)。「ウソでしょ!?」と驚いてしまうようなことも知ることができて、そんな動物豆知識がギャグとして成立しているマンガは読んだことがなかったですね!

 --自身が演じるキャラクターの印象は?

 徳井さん めちゃめちゃ可愛い! せりふや仕草もすごく可愛いキャラクターです。みんなを魅了する“ミスメス”という設定もありますし、ネコちゃん好きな方はたくさんいるので、プレッシャーも少しありました。

 --ネコ好きですか?

 徳井さん ネコ好きです! ネコ派です!

 芹澤さん 私もです。ネコ派です。

 --芹澤さんはパンダの役ですね。

 芹澤さん 私が演じるメイメイは、中国からやって来たパンダの留学生として登場します。国を挙げて盛大に甘やかされ、愛され続けてきた感じのわがままさを出したり、いい意味でちょっとなめている感じが伝わればいいなと思って演じました。別になめている感じが得意とかじゃないですよ(笑い)。ジンに初めて適当に扱われて、新たな一面が開花するところなど面白いキャラクターなので、演じがいがとってもありました。

 --動物を飼ったことは?

 芹澤さん 実家にいた時は飼ったことがなかったのですが、一人暮らしだと寂しいので、飼いたいなと思っているところです。小さいウサギとか。

 徳井さん 私も飼ったことがないのですが、子供の頃、友だちと野良の子ネコを可愛がっていたことがあります。

 ◇次回予告がカオスに…

 --演じる際に意識したことは?

 徳井さん 「ニャー」と鳴く時、せりふっぽく言うのかな?と思ったら「リアルな鳴き声にしてください」というディレクションがありました。それ以降はディレクションがなくても、ここはリアルな鳴き声で演じてみよう……と自分で判断しながら、鳴き声を入れていました。

 芹澤さん パンダのリアルな鳴き声を調べたら、奇声っぽいというか、ちょっと怖い鳴き声だったんです……(笑い)。作中のナレーションで「パンダはメェ~と鳴く」という説明がある場面はリアルな鳴き声ではなくせりふとして「メェ~」と言っています。次回予告では本当の鳴き声をイメージして、声をあてているんですよね(笑い)。

 --次回予告では本気が見られるんですね。

 徳井さん めちゃめちゃカオスですよね(笑い)。

 芹澤さん 次回予告、すごいです。

 徳井さん 全員が動物の鳴き声で話しているので、何を言ってるかは、動物にしか分からないというシリーズです。一応、人間向けに字幕はあるんですけど。

 --アフレコの様子は?

 徳井さん ランカちゃんはキャラクターも一生懸命ですけど、演じられている木野日菜さん自身もすごく真っすぐな方で、ジン役の石谷春貴さんと一緒に現場を引っ張ってくれて頼もしいです。それに、ティラノサウルスの寺野先生を演じられている玄田哲章さんのナレーションが格好いいんです! 各シーンで締めの役割を果たしてくださっているところもありました。動物の解説が本当にためになるので、ぜひ小さいお子さんたちにも聞いてほしいです。

 芹澤さん 学校みたいな雰囲気が少しありましたね。私は第6話からのアフレコ参加だったのですが、転校したての、ちょっと緊張しながら探り探り入っていく生徒の気分でした。すぐになじみましたが、最初から「イェーイ!」とはいけず(笑い)。木野ちゃん、可愛いかったですよね。

 徳井さん 可愛いですね。いつも現場を和やかな雰囲気にしてくださっていました。


 --メイメイは中国語で話すシーンもあるようですが、中国語にも挑戦した?

 芹澤さん 実はちょうど中国語の勉強をしていまして……! 中国のイベントに出演させていただく機会がありまして、行く度に中国語ができた方が楽しいだろうな!と思っていたので、勉強し始めたんです。今回、作中に出てきた単語は元々知っていたので、発音は大丈夫でした。

 ◇リスペクトし合う二人

 --徳井さん、芹澤さんはこれまでも共演されていますが、それぞれ役者としての印象は?

 徳井さん アニメのアフレコでご一緒したのは、2019年になってからですよね。それまではライブのお仕事で一緒になることが多くて、一緒に歌う機会はありました。ステージではやっぱり、すごく可愛くて華やかで、いつも楽しい優ちゃんだなと思っていました。アフレコでもその華やかさはもちろんありつつ、本当にお芝居も丁寧で、アイドルも声優もどちらも完璧! という印象です。リスペクトしています。

 芹澤さん 私からしたら青空さんは大人気ですごい方なんですけど、誰に対しても本当にフレンドリーに接してくださるのがうれしいんです。本当に優しい方です。お芝居の現場では、「求められていることが、何でこんなにすぐ分かるんだろう!」と、いつもすごいなと感じています。他作品で男の子っぽいキャラクターを演じられているのですが、あんまりボーイッシュな役をされている印象がなかったのに、こんなにハマっていてすごい! と思ったことも忘れられないです。「シートン学園」のクルミちゃんもツンの部分と一瞬見えるデレの部分が絶妙なんです。すごい方だ……といつも感じています。

 --最後にファンにメッセージをお願いします。

 徳井さん クルミちゃんやメイメイちゃんは可愛いを極めているキャラクターなので、ぜひ注目してほしいなと思います! ツンデレなクルミちゃんにハマってもらえたらうれしいです。

 芹澤さん メイメイは国を挙げて愛されているパンダなので、キャラクターに負けないように私も精いっぱい愛らしさを込めて演じました。メイメイ自身も国を挙げて好きになってもらえたらいいなと思います(笑い)。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る