富野由悠季監督:「G-レコ」で「ドリカムに負けないぞ!」 吉田美和は「天才的な作詞家」

アニメ
「Gのレコンギスタ II ベルリ 撃進」の舞台あいさつに登場した(左から)小山剛志さん、高垣彩陽さん、佐藤拓也さん、中原麻衣さん、姫野惠二さん、富野由悠季総監督(C)創通・サンライズ

 テレビアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」の劇場版第2部「Gのレコンギスタ II ベルリ 撃進」(富野由悠季総監督)の舞台あいさつが2月22日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、富野総監督が登場した。富野総監督は音楽ユニット「DREAMS COME TRUE」が手がけた第2部のテーマ曲「G」が流れる中、舞台に登壇し、「進行表を知らないので、こういい曲がかかると思っていなかった。ドリカムに負けないぞ!という気持ちで、かなりプレッシャーです」と明かした。

 テーマ曲は第2部のエンディングで流れる。富野総監督は「吉田美和さんのボーカルに負けないように(映像を)作ろうとした。制作期間がない中で、こういう結果になったが、時間があって新作で動画を描こうとしたら負けていました。(吉田さんは)天才的な作詞家。『G-レコ』のことをものすごく調べている。請負仕事をしていない。吉田美和さんは、こちらが思っていること以上のことを見抜いてくれた」と絶賛。

 劇場版は全5部で「これ以降の宿題は、ドリカムに負けないものを形にすること。吉田美和さんに怒られないゴールにいけるという、うぬぼれがあります」と語った。

 舞台あいさつには、マスク役の佐藤拓也さん、マニィ・アンバサダ役の高垣彩陽さん、バララ・ペオール役の中原麻衣さん、デレンセン・サマター役の小山剛志さん、ベッカー・シャダム役の姫野惠二さんも登壇した。

 「ガンダム Gのレコンギスタ」は、「機動戦士ガンダム」誕生35周年記念作品の一つとしてテレビアニメ版が2014年10月~2015年3月に放送。地球上で必要なエネルギー源を宇宙よりもたらすキャピタル・タワーを守るキャピタル・ガード候補生のベルリ・ゼナムの冒険を描いた。劇場版はテレビアニメ全26話に新たなカットを追加。全5部作として上映される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る