草なぎ剛:「パラサイト」ポン・ジュノ監督&ソン・ガンホとの初対面に感激 流ちょうな韓国語も「通じてるかな?」

映画 芸能
(左から)ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホさんと、イベントにサプライズで登場した草なぎ剛さん

 草なぎ剛さんが2月24日、東京都内で行われた「第92回アカデミー賞」で作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞を受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」の舞台あいさつにサプライズゲストとして登場した。来日中のポン・ジュノ監督と主演のソン・ガンホさんの大ファンという草なぎさんは、「チョナン・カン」として活動していたこともあり、「ポン・ジュノ監督とソン・ガンホさんの熱烈なファンです。お会いできてうれしい」など流ちょうな韓国語であいさつ。そんな草なぎさんだが、「最近は韓国語の勉強をする時間がなくて忘れてしまった。通じてるのかな?」と照れ笑いしつつ、初対面の喜びに浸っていた。

 草なぎさんは、「ソン・ガンホさんは一番尊敬している俳優さんなので、演技をするときにも『ソン・ガンホさんだったらどう演技するんだろう』ということを考えながら演技しています」とコメント。さらにポン監督の作品も「ほぼ見ています。『スノーピアサー』だけ見ていません。すみません」と熱烈なファンぶりをアピールしていた。

 そんな草なぎさんにソンさんが「今日は記念すべき日ですね」と言い、ポン監督も「草なぎさんについてはよく存じ上げていて、ソウルでの公演も見に行きました」と話すと、草なぎは「カムサハムニダ(ありがとう)」と感激していた。

 「パラサイト 半地下の家族」はポン監督の最新作。“半地下住宅”に暮らす貧しい一家と“高台の豪邸”で暮らす裕福な一家という相反する二つの家族が出会い、徐々に貧しい一家が裕福な一家にパラサイトしていく……というストーリー。第72回カンヌ国際映画祭でも韓国映画初となる、最高賞のパルム・ドールを受賞。アカデミー賞作品賞とパルム・ドールのダブル受賞は、パルム・ドールを1955年、アカデミー賞作品賞を1956年に受賞した「マーティー」以来。

 この日、草なぎさんは、元「SMAP」のメンバーの中居正広さんが21日にジャニーズ事務所からの退所を発表してから初の公の場となったが、報道陣からの声がけにコメントはなかった。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る